●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2016年5月30日 遅々

 新しく買ったMacBook Airの設定に、土曜日から取り組み始めたのはご報告済みである。
 で、今日はすでに月曜日。さて、どこまで進んだのか。

 まず、できたことからご報告しよう。

 MacBook Airのメールソフト、「メール」の設定ができた。これによって、メールのやりとりはMacBook Airでもできるようになった。

 旧iMacで使っていたEntourageは、最初からアカウントの設定をやりなおし、使えるようになった。だが、そこまでやっても、これまでやりとりしてきたメールは復活しなかった。つまり、

 「これは必要」

 と思って保存していた受信メール、送信メールがすべて消えた。

 「ふっふっ。こんなこともあろうかと、Macの隠し技であるTimeMachineを稼働させておいたもんね。ここから回復できるんだって」

 できなかった
 これによって、膨大な資産がなくなった。ために私は昨日から、とりあえず必要と思われる先に電話をかけ始めた。

 「という訳なのよ。申し訳ないが、空メールでいいから送ってくれる? でないと、こちらからメールが出せないからさ」

 もし私の実像を御存知の上で、私とメールを交換したことがある方がお読みなっていれば、是非、改めてメールを頂きたい。

 しかし、いったい何処に行ってしまったのだ? 私のやりとりしたメール……。

 それから、 ん、それから? そのほか、できたことがあったっけ?

 そうそう、Excelでつくった書類は、NumbersというMacのアプリで開けることがわかった。この分なら、Wordでつくった書類も、何かで開けるだろう。


 それから、それから。ふむ、それからがないのだ、これ以上。
 写真は相変わらず移ってくれないし、iTunesの音楽資産も移ってくれないまま。ふと思いついて、

 iPodにあるデータを MacBook Airに移せばいいではないか!」

 と試みたが、iPodから MacBook Air、というデータコピーは、どうやらできないようなのだ。まあ、どうしようもなければ、flacファイルで積み上がっている音楽資産をMP3に変えてMacBook AiriTunesに入れればいい。
 だが、やりたくないことは断固としてやらぬ。このパソコンの頑固さはどうだ?  可愛くないなあ。

 データベース・ソフトのBentoも稼働していない。アプリそのものは MacBook Airに移ってくれたが、中身がゼロなのである。旧iMacにはバックアップ・ファイルがあるので、これをMacBook Airに移そうとしたのだが、どうしても移動を拒否するのである。これも何とかしなければ、MacBook Airがメイン機種になることはない。


 というわけで、本日夕、 MacBook AirにあるThunderboltという端子をLAN端子に変えるアダプターが届いた。これで2台のMacを接続し、必要なファイルをMacBook Airに移そうという作戦である。LANケーブルで繋げば、ファイルの移動が簡単にできるはず、と思って、法外に高かったがAmazonに注文していたものだ。
 さて、思惑通り使えるかどうか。


 昨日、桐生市のオーディオ愛好家の集いに顔を出した。
 いや、私は故桝谷さんにならって、マニアとは距離を取りたいと思っている人間である。なのに、何故にそのような場に顔を出したのか?
 DAC(デジタル信号をアナログ信号に変える魔法の箱)を自作するためである。

 DACの自作を考え始めた経緯はすでに書いた。で、自力ではゴールが遠いことも報告済みである。このような窮地に陥った時、私はどうするか?

 自分でできないことは人に聞け

 それが私の信条である。
 どれほど努力しようと、人ひとりでできることには限りがある。自分でできないことは、遠慮なく人に聞くのがよろしい。

 「67にもなって、人にものを教わるのはメンツに関わる!」

 などとは毛頭考えない。いくつになろうと、できないことはできない。だから教えを請う。そう思い定めなければ世界は開けない。

 というわけで、理科系の知人に

 「だれか、DAC回路が分かる人、いない?」

 と聞いた。紹介されたのが、愛好家の集いに出ている人だった。しかも、彼は「らかす」を読んでいてくれるのだという。願ったり叶ったり、ではないか。

 というわけで、昨日足を運んだ。自作のアンプ、スピーカーを持ち寄って音を出し、楽しむ会だった。私にはやや敷居が高い。というか、アンプ回路の設計も、バックロードホーン・スピーカーの設計もできない私には、まるで別の世界だった。

 紹介されたのはMさんという。この日Mさんは、自作のスピーカー2セットを持ち込んでいた。そのひとつ、超小型のバックロードホーンは、実に魅力的な音を出していた。

 「で、ですね」

 と私は教えを請うた。

 「いや、私も個人的には、自作DACには関心がありまして」

 これは想定以上の好反応である。近いうちに、私とMさんが一緒に、同じDACを組み立てることになるかも知れない。そこでMさんの知識を技術を盗もう!
 私はそう思い決めたのであった。

 そうそう、Mさんと一緒にいた方と商談がまとまりかけた。
 横浜の我が家には、かつて私が使っていたヤマハのアナログプレーヤーがある。最近はレコードの再生に凝っているという彼に、

 「もう使わないGT2000があるんですが、使いませんか?」

 と聞いてみた。横浜でホコリをかぶっている、場所ふさぎである。引き取ってもらえるのなら嬉しい。

 「えっ、本当に?」

 いや、本当だから離したのである。

 「ヤフオクで見たら8万円程度で取引されていたけど、ただでも1万円でも2万円でもいいんです。引き取ってもらえればありがたいんですが」

 そんな申し出に、彼は強い関心を示してくれた。

 「そんな! 15.6万で取引されてますよ。1、2万円なんてとんでもない!」

 いや、こちらは場所ふさぎの処分を御願いしているのである。取引価格なんてどうでもいいのだ。何しろ我が家の音楽再生はすべてネットワーク・オーディオになって、もうアナログプレーヤーなんて使わないのだから。

 「そうしたら、いくらでも結構です。あなたの言い値で引き取ってください。その言い値に従いますので、決心が固まったら電話をください」

 と名刺を渡してきた。

 そして、多分我が師になるMさんには

 「売れたら、その金で同じDACキットを2セット買いましょう。そして一緒に作ろうではありませんか!」

 と提案した。なーに、彼の分のキットの代金は教授料である。

 実現すれば、私にもDACが作れる!

 1台は、最近音楽を聴く気になっている四日市の啓樹に。
 いま1台は、私が譲ったパイオニアのN50の調子が悪いと訴える、我が長男の元に。
 3台目は、あれこれの音を楽しむために私の元に置くことにする。

 実現すれば、またまた新しいオーディオの扉が開くはずである。



前の日誌                             
無断               メール