●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2016年1月4日 己を知る

 とりあえず年が明けた。
 まずもって、皆様、あけました。
 という、何とも締まらない挨拶は、めでたいかどうかはそれぞれの人で違うだろうからである。めでたい人もあれば、めでたくない人もある。めでたいかどうか判断を保留する人もあろうし、そんなことを気にかけているゆとりがない人もいるに違いない。

 あなたは、いかがでした?

 さて、という私の新年である。

 お知らせしていたとおり、2日から今日4日まで、苗場で遊んできた。川崎に住む長男(訳あって、連れ合いは参加できなかった)、四日市に住む長女一家——そう啓樹、瑛汰の家族——」、それに横浜に住む次女一家——こちらは瑛汰、璃子の家族であることはいうまでもない——」の総勢11人が苗場の雪を楽しんできた。

 桐生を出たのは2日の午前7時過ぎ。まず高崎まで車で走り、JR高崎駅で、高崎の旦那の実家に泊まっていた長女一家と合流、そのまま新幹線で越後湯沢まで出て。バスで苗場プリンスホテルに到着した。長男、それに次女一家はすでに1時間以上前にホテルに着いていて、めでたく全員が合流した。

 目の前はゲレンデである。ホテルにチェックインするかどうかよりも、とにかく血が騒ぐ。かれこれ20年ぶりのゲレンデなのである。
 すでに瑛汰たちはレンタルスキーをゲットしていた。遅れて着いた私たちも、レンタルスキーを借りる列に並んだ。

 「啓樹、ボスがスキーを教えてやるからな」

 なぜか正月の苗場プリンスは銀座並みの混み方で、列を作って待つこと、かれこれ1時間。やっとスキー道具を手にしたときはお昼を回っていた。
 となれば、腹が減っては戦はできぬ。

 「昼飯を食うぞ」

 先に昼食の席に着いていた瑛汰は、カツカレーを頬張っていた。私と啓樹は、普通のカレーである。

 「ん?」

 これが1100円もするカレーか?
 
 と訝っていたら、瑛汰が的確な表現をした。

 「苗場プリンスホテルのカツカレーは不味いって、新聞に書いてもらわなくっちゃ。あれ、ひどいよ」

 まあ、我が家族がほぼ全員集合したのはめでたい新年である。が、集合して始めて食べた昼食が、新聞で批判してもらわなくてはならないほど不味いとしたら、はたしてめでたい新年か?

 ま、それでも目の前はゲレンデだ。そんな小さなことを気にしていたら、人生を楽しむことはできぬ。スキーをしに来たのだ。浮遊感を、身体が風を切り裂く感触を、音を楽しみに来たのだ。
 滑らなくっちゃ!

 始めてスキーを履く啓樹と瑛汰はスキー教室に入れた。その間、私、長男、啓樹のパパ、瑛汰のパパはそれぞれに楽しむしかない。私はひとり、中級コースのリフトに乗った。

 「中級コースって、こんなになだらかだっけ?」

 ゆとりを持ってのリフトの旅であった。
 降りて、ゲレンデに立つ。これから滑り降りるスロープを眺める。ほんと、久しぶりの眺めだ。心が躍る。

 「まず、あちらの方に滑って、あのあたりで方向転換して、そう、あそこのコブはこうやって避けて……」

 間もなく始まる我が勇姿が目に浮かぶ。耳元で鳴る風の音が聞こえる気がする。

 「行くぞ!」

 私は雄々しく、スキーの先端をスロープに向け、蹴り出した。
 
 この感触をどう表現したら良かろう? 

 「あれっ?」

 おかしい。何かがおかしい。スキーの乗り心地って、こんなものだっけ? おい、どうして重心が後ろにかかる? それじゃあ転けるだろ? 重心は前、前にかけて左にターンするときは右足に重心を移して……。

 ズルズルズル……。

 気がついたとき、私の身体はスロープを滑り落ちていた。いや、板に乗ったまま滑り落ちているのなら当たり前なのだが、板も私の身体も、どちらもスロープにくっついたまま滑り落ちていたのである。
 何のことはない。私、滑り出したかと思う間もなく、見事に転倒していたのだ。

 新雪の供給がなかったスロープは、ほとんどアイスバーン状態である。私の身体は氷の上を止めどなく滑り落ちた。

 「?……」

 やっと止まって立ち上がっても、いったい何が起きたのか、理解が届かなかった。
 いや、私が転けたことは事実である。これは理解するしないの問題ではない。スロープがほぼアイスバーンであったことも事実である。議論の余地はない。
 理解ができなかったのは、なぜ私が転けなければならなかったのか、である。
 だって、この程度のスロープなら、俺、優雅にシュプールを描くはずだったではないか? その程度の技量は身につけていたはずではなかったか? なのに、なぜ転ける?

 疑問を疑問として抱えたまま、私は立ち上がった。いや、立ち上がったのは事実だが、立ち上がるのに苦労したのも事実である。

 「おいおい、なぜ立ち上がれない?」

 どうやら、このあたりで私のリズムは完全に狂ってしまった。
 立ち上がって再びゲレンデに挑む。不思議なことに、また転ける。再び苦労をして立ち上がって滑り出すのだが、転けるまでにたいした時間はかからない。

 もういちど立ち上がったとき、私の自信は粉々に砕け散っていた。
 たいした傾斜もないゲレンデが怖くて仕方がない。かつては下を見下ろしながら

 「あのあたりまで真っ直ぐ滑って左ターン、すぐに右ターンして……」

 と滑るコースを見極めていたというのに、

 「おい、俺、何処に行ける?」

 まったくスキー板に乗る自信をなくしてしまったのだ。滑るコースも、止まる地点もまったく見えない。頭にあるのは

 「どうやって下まで降りようか?」

 だけとなった。
 とりあえず横滑りで少しづつ降りる。

 「あそこまで降りれば傾斜が緩やかになる。あそこからは滑れるだろう」

 と思いつつその地点まで行って下を見下ろすと

 「結構急だぜ、この斜面」

 こうなったら、もういけない。私、スキーで滑る感覚を全くなくしてしまったらしいのだ。

 汗だらけになって荒い息をつきながら降りた。
 
 「いや、実は」

 と長男たちに話した。長男とは何度も一緒にスキーをした。だから、かつての私が、上手くはなくても、それなりにスキーを楽しむ技量を持っていたことは知っている。

 「えーっ、何処滑ったの? 中級? ああ、あれ、結構辛いコースだよね。だめだよ、最初は初級コースを滑って勘を取り戻さなくちゃ」

 いや、だって、頭では忘れても、身体は忘れないっていうじゃないか。それなのに、今日の私の身体は、まったく忘れちまってるようなんだよな。

 「あのね、60になったら身体も忘れるの。だから、まず初級コースを滑って、少しづつ身体に記憶を呼び戻してもらわなくちゃならないのに、いきなり中級では思い出す暇もないだろ?!」

 はあ、さようなものであるか。

 が、一度怖じ気づくと、もういけない。
 いや、気持ちの問題だけでなく、身体が悲鳴をあげていた。なにしろ、滑っていて両足が揃わないのだ。ここで左脚に体重をかけたいのに、左脚が遠くに流れている。それを引き寄せようとするから、足の付け根に余分な力がかかり、パンパンに張っている。それに、下半身がスムーズに動かないと、腰にも負担が来る。良くない腰に

 ビリッ

 と電気信号が何度走ったことか。

 「俺、もういいわ。今回は滑らない。明日までスキーセットをレンタルしていたけど、明日の分はキャンセルする。明日は読書するわ」

 というスキー旅行であった。
 これでめでたいといえるか?

 が、子供たちは大いに楽しんでいた。
 初日、スキースクールに入った啓樹と瑛汰は翌3日、パパとおじさん(つまり、私の長男)に突然一番高い所まで連れて行かれた。頂上付近は結構な急坂である。

 「40,50分で降りるから」

 という長男の言葉に反して、4人が降りてきたのは2時間後。私は目にしなかったが、降りてきた瑛汰は泣き出したのだそうだ。緊張感が一瞬にして緩んだか。

 「お前なあ、昨日始めてスキーを始めたヤツを一番上に連れて行くとは無茶じゃないか!」

 と罵声を浴びせた私に、長男は悠然と答えた。

 「過保護はいけないんだって。とにかく挑戦させなくちゃ」

 おい、お前の親爺は確か俺のはずだが、俺、そんな厳しい親爺だったか?

 が、降りてきた2人はめげた様子もなく、午後にもまた、パパとおじさんに伴われてゲレンデに挑んでいた。うん、挑戦の春

 これはめでたい。

 璃子と嵩悟はスキーこそ履かなかったが、それなりに白銀の世界を楽しんだ。ソリで滑り、自転車型のソリにまたがってスロープを征服し、ついにはおじさん、パパに抱かれてスキーコースを滑った。

 これもめでたい。

 我が妻女殿はいう。普段は父と子が触れあう機会が少ない中、スキー場で父が子にスキーを教えたのは、親子の触れあいを増したのではないか。
 なるほど、ボスにスキーを教えてもらうより、パパに教えてもらった方が何倍かいいに決まっている。ということはあれか? 私がスキー恐怖症に陥ったのも、悪いことばかりではなかったか?

 これは、中くらいのめでたさである。

 と、さまざまなめでたさと腹立ちを交えながら、私の2016年は始まった。
 いま思う。

 「俺、もう一回スキー教室に入ろうかな?」

 といいながら、後遺症の筋肉痛を恐れる私である。



前の日誌                             
無断               メール