●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2014年10月24日 ビートルズ

 いやはや。
 趣味のひとつに

 読書

 を挙げることに躊躇しない私は、躊躇しない分だけ様々な本を読んでいると自負している。

 例えば、今日は我が妻女殿の定期検診日で前橋まで行った。前橋日赤で妻女殿を落とすと、診察が終わるまでの2時間ほどは私の自由時間だ。
 いつものようにけやきウォークまで車を走らせ、紀伊國屋書店で本の買い出しである。その結果、大きな袋2つ分も本を買ってしまった。

 ・大人の科学マガジン Vol.32 電子ブロックmini

 ・大人の科学マガジン Vol.27 テクノ工作セット+8ビットマイコン+光残像キット

 まあ、これは四日市の啓樹用である。
 啓樹は、とにかく工作が大好きで、これまで大人の科学マガジンを数冊買い与えた。「自動手書きマシン オートマ・テ」「Vツイン蒸気エンジン」「ロボット掃除機」などである。
 作って作って、作るのがすっかり楽しくなった啓樹は、先日四日市を訪ねたときも、大人の科学マガジンを欲しがった。一緒に名古屋まで出たが、欲しかったのは電子ブロックで、名古屋駅の高島屋に入っている書店で探したがなかった。

 それが、今日前橋で見つかった。これは買わねばなるまいと手に取ると、隣にテクノ工作セットもあった、という次第である。

 ・駿台受験シリーズ 分野別受験数学の理論 関数

 高校数学の勉強に移って、因数分解や不等式、二次方程式などと駒を進めているが、先をパラパラとめくったら三角関数の項があった。

 「そういえばあったな、三角関数」

 という程度の思い出しかないいまの私は、

 「できるか?」

 という不安に駆られた。いま使っているZ会のテキストがかなり易しく、この程度の解説で本当に理解できるだろうか? と詳しく解説してある本を探したのである。で、これを選んだ。

 ・本当の算数力

 先週末、横浜で瑛汰に算数を教えた。まだ小学2年生の瑛汰が、割合についての文章題を公文式の塾で突きつけられ、立ち往生していたのである。例えば

 ミカンがいくつかあります。お兄ちゃんが3分の1食べました。弟は残ったミカンの5分の2を食べました。すると6個残りました。ミカンは最初何個あったのでしょう。

 残ったのは3分の2の5分の3だから、全体から見ると15分の6。それが6個なのだから全体は15個、といまの私なら自然に計算できる。が、だ。小学2年生の瑛汰にどう教えるか?
 マス目を作って教えてみた。10円玉を使って理解させようとした。しかし、どうやっても瑛汰に伝わっているとは思えない。
 そりゃあ、公文式で足し算、引き算、かけ算、割り算、分数、小数と、算数の基礎になる計算力だけは磨いてきたが、割合に関する概念はまだ瑛汰の頭の中では出来上がっていない。そんな瑛汰にどう教えたらいい?

 と考えた結果買ったのがこの本だ。他の参考書も見てみたが、どうにもピンと来なかったからである。さて、この本に目を通したら瑛汰に教えることができるか? 読んでみるしかあるまい。

 ・中学入試レベル 大人の算数トレーニング

 これ、ついでに買っちゃった。

 ・スペース・マシン

 SFである。普段はあまり読まない分野だが、「名著復活 入手困難だった名作をお届けします」という帯の言葉に惹かれた。

 ・日時計

 これも同じ名著復活組。探偵小説だ。

 ・モサド・ファイル

 イスラエルのスパイの話。著者はマイケル・バー=ゾーハー。「エニグマ奇襲作戦」「真冬に来たスパイ」などが記憶に残っている。エスピオナージュ(スパイもの)好きの私としては見逃せない。

 ・なぜ時代劇は滅びるのか

 あちこちの新聞書評欄で取り上げられていて気になっていた本。

 ・ギターがうまくなる人の練習法
 ・
SIMON & GARFUNKEL BEST SONGS

 どちらも、趣味のギター関連。

 そのほか、今週Amazonから2冊届いた。

 ・地方消滅

 桐生に住んでいなければ、絶対に手に取らない本である。

 ・生き抜くための整体

 これもどこかの新聞で見た本。体と心を緩めて楽に生きられるようになる本だそうだ。

 まあ、この乱読ぶり。これに、まだ積ん読状態の

 xはたの(も)しい
 ・日曜日の住居学
 ・ここがおかしい 日本人の栄養の常識

 などを並べると、私は人様からどう見られるのだろう……?


 そんな私がいま、先が読みたくて仕方がない本がある。

 ・僕はビートルズ

 かわぐちかいじの漫画である。講談社文庫で4まで出た。1、2が書店に並んでいるときに購入、しばらく放っておき、3、4が書店に並んでから読み始めた。始めると、とにかく先が読みたくてどうしようもなくなり、すぐに3、4を買いに行った。現在は11月15日に出るという5、6をAmazonで予約中である。

 日本に、ビートルズのコピーバンドがあった。演奏もヴォーカルも素晴らしいバンドで「ファブ・フォー」という。が、ジョン役がバンドを離れようとする。そのいざこざの最中、どういう訳か4人は、突然タイムワープする。それも、ビートルズがデビューする1年前、1961年の日本へ飛んじゃうのだ。

 飛んでいった先で、ポール役とジョージ役は一緒だった。2人はバンド活動を始める。それも、1961年秋には世界の何処を探しても存在するはずのないビートルズの曲でデビューするのである。2人だから、まず2人だけの演奏をテープに採り、それを再生しながらジョンのギターとリンゴのドラムを、この2人で演奏し、出来上がったレコードは4人で演奏しているように聞こえるのだ。ステージでは絶対に演奏できないから、プロフィールはすべて秘密のバンドである。

 やがて、リンゴ役が見つかり(ストリッパーのヒモになっている)、工事現場で働いていたジョン役もバンドに復帰、4人になった「ファブ・フォー」は本格的な活動を始め、4人が選んだビートルズの最高傑作曲を集めたレコードで世界にデビューしちゃうのだ。

 その時、リバプールのパブでは、本物のジョン・レノンが

 「こんな曲をやられたら、俺たちのやることがなくなるじゃないか!」

 とうなだれながら酒を飲んでいるのである。

 さて、日本人4人の快挙(暴挙?)は、歴史からビートルズを消してしまうのか。それとも……?

 てな転回で、この先は私も読んでいないから書きようがない。

 面白くて楽しくて、読み出したら止まらなかった。それどころか、自分たちとビートルズと音楽を考え続ける4人に、時には涙を誘われもする。いやはや、大変な漫画が現れたものである。

 Amazonで探したら、元は10巻本らしい。ということは、講談社文庫も10巻まで出るのか。それとも10巻分が6巻に納められているのか。

 とにかく、11月15日が待ち遠しくて仕方がない私である。



前の日誌                             
無断               メール