●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2014年7月30日 親子

 瑛汰と璃子がサンフランシスコから帰ってきた。
 若さとは素晴らしいものである。すでに時差ボケもなく、昨日はプールに、今日は学習塾にと、2人は全く普通の生活をしているらしい。

 それにしても、だ。
 璃子が最初に覚えた英語は、次の通りであったという。

 “I’m hungry.”

 璃子、それは欠食児童並みではないか? お前、母親に充分食べさせてもらってないのか?

 
 それにしても、だ。
 何でも、現地で、私と長男の類似性が話題になったという。話者は、瑛汰と璃子の母親である次女と、長男の嫁である。

 「ねえ、うちの旦那とお父さん、似てない?」

 「似てる、似てる。そっくりよ」

 「昨日もね、瑛汰と璃子がお腹をすかして、璃子ちゃんは“I’m hungry.”っていって、瑛汰君だってお腹がすいてしょうがないって顔してるのに、うちの旦那ときたら、『もう少し先に行くと、美味しいものが食べられるから待ってろ』だもんね。子どもって、お腹がすいたときがすべてじゃない。お腹がすいてたら、ハンバーガーでもいいと思うんだけど、旦那は絶対にファストフードはたべさせないのよね」

 「そう、お父さんだってそうだった。わたしたちがどんなにお腹をすかしていても、『こんなまずいものをお前たちに食べさせるわけにはいかない。もう少し我慢しろ」って、何度言われたことか。親子って、こんなに似るのかねえ」


 いや、録音機材を使って2人の会話を再現しているわけではない。これは、私が2人とそれぞれ個別に電話で話したことを元に、

 「どうせこんなことを言い合って、お互いに納得してたんだろう」

 と考えた私の想像の産物である。が、実際の会話からそれほどかけ離れていないことに100円をかけることを個々に宣言する。100円で少なかったら1000円ならどう? 1万円といわれるとややビビるが。

 それにしてもである。父と息子が似ていることを、食い物を仲介にしか語れない娘どもとはいったい何だ? お前たち、璃子の

 “I’m hungry.”

 に幻惑されすぎではないか?
 2人には、より細部にわたる観察と分析を求めたい。


 昨夜は同業者の送別会だった。8月1日付けで名古屋に転勤するのだという。
 送別会に、挨拶はつきものだ。私も挨拶した。

 「名古屋への転勤ということだが、私に名古屋の悪口を言わせたら、一晩あっても足りない。そのさわりだけ紹介すると」

 と語り始めた私は、とうとうと述べた。

 ・名古屋には美味いものがない。時折美味い店を見つけたら、僥倖とすべきである。
 ・名古屋は壮大な田舎である、田舎度において桐生に遜色はない。
 ・名古屋はよそ者を受け入れない。名古屋に溶け込めた、と思うのは誤解である。
 ・名古屋の人は議論を嫌う。
 ・議論とは、見知らぬ相手を知るための最大の手段。名古屋の人はよそ者を知る必要を感じない。
 ・よそ者を排除する名古屋の人は、内輪の人と酒を飲み交わして満足する。
 ・名古屋の人は抽象的思考が苦手だ。難しい問題も、身近な人間関係で読み解いて理解したつもりになる。
 ・名古屋とは……


 途中で、名古屋出身の若い女性が席に加わった。私は彼女にほほえみかけた。でも、それなのに、この時とばかりに先を続けた。

 ・名古屋に美人はいない。
 ・名古屋の女性は右手と右足を同時に前に出して歩く。少なくとも、そのように見える歩き方をする。
 ・従って、名古屋で美人を発見したら、掃きだめの鶴として崇めたてるべきである。


 彼女にいわなかったのは、私は決して彼女を崇めたててはいないという事実であった。

 うん、今日は名古屋の読者の皆さん、御免なさい!
 でも、当たってると思いません?!

 

前の日誌                             
無断               メール