●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2014年3月29日 売り物

 渡辺喜美という、ガマのような顔をした二世政治家がいま、累卵の危うきにある。

 何でも、化粧品屋のオヤジから8億円せしめたらしい。それが政治資金収支報告書に載っておらず、資産として公開もされていない。
 ご本人は

 「借りた」

 とおっしゃっているようだが、借用証書もない。怪しい。

 これを見て浮かれたのか、民主党のある議員は

 「猪瀬元都知事と同じじゃないか」

 といったそうだ。
 ああ、この議員さん、知性がない。そんな、誰もが思いつくようなことを、どうして国民の代表である国会議員が口走る? そんなこと、あんたにいって貰わなくったって、ニュースに触れた国民の8割が思ったことだよ。代表を自負するのなら、もっと気の利いたことをいわなくっちゃ。つまらん。

 そんなアホ議員が口にしたことを、これはニュースだと報道した四流記者諸兄も、時には己の知能テストを受けられることをお薦めする。手遅れにならぬうちに治療に取りかかるためである。早期発見早期治療。


 と大段平を切っちゃったが、私だってたいしたことを思いついたわけではない。国民の代表などになろうとは思いもしない、思ってもなれるはずがない私だから、そのあたりはお許しを願う。

 で、何を思ったか。

 まず、

 「へえっ」

 と思った。何が、へえっ、なのか。

 「反官僚っていうスローガン、政治運動は8億円もの値段がつくんだ。クラプトンが愛用したヴィンテージギターより高いじゃないか!」

 ということなのである。

 週刊誌(週刊新潮だったか?)で化粧品会社のオヤジの手記を読んだ。オヤジは

 「渡辺さんは、官僚制度改革を強く訴えてこられた。民間で仕事をしていると、官僚の壁というのが邪魔で仕方なくなることが多い。だから渡辺さんに期待した」

 という趣旨のことを書いていた。つまり、このガマ議員が官僚制度をこき下ろし続けたことが8億円になったのである。
 だったら俺も、官僚にもっと強い態度で出れば良かったなあ。まあ、私は国会議員、野党の党首ではないので8億円にはならないとしても、8万円ぐらいにはなったかも知れないではないか。


 私は、官僚を十把一絡げで悪の総本山呼ばわりする議論には、いつもう胡散臭さを感じてきた。
 いや、まさかその裏で8億円もの金が動いている臭いをかぎ取ってのことではない。今回の事件まで、そんなことが金になるなんて、考えたこともなかった。

 胡散臭いのは、その主張があまりにも単純な善悪二元論に拠っていたからである。

 「鼻におできができるのも、みんなカンリョが悪いのよ」

 と官僚をこき下ろし、返す手で民間を誉めあげる。発想もアイデアも競争力もなにもかも、いいものはみんな民間企業にある。日本経済がなかなか復興しないのは、民間企業を邪魔することを仕事としている官僚のためである。

 ねえ、そんな話、あるいは書き物、聴いたり見たりしたことあるでしょ? テレビにも新聞にも雑誌にも、溢れかえっているモンね。

 だが、である、お立ち会い。

 企業って、そんなに素晴らしいものか?

 資本主義が立ち上がったイギリスで、当初は8歳、10歳と年端もいかぬ子供を工場で、それも1日15時間以上も働かせた。安い賃金でこき使い、利潤を上げるためである。
 流石にそれはまずかんべえ、と社会が歩みを始めたとき、政府が法律をつくり、企業を規制し始めた。立法作業も現場で企業を取り締まるのも、官僚である。

 いや、そんなに歴史をさかのぼる必要はない。
 
 血圧降下剤の臨床試験データで不正を働いたノバルティスファーマは、民間企業である。
 線路の点検に手抜きをし、事故を起こしちゃったJR北海道は、民間企業である。
 食品偽装も、企業の仕業である。
 出店企業に「元の価格を高く表示して値引率を大きく見せろ」と指導したのは、楽天という企業の社員であった。
 就職したいという女子学生に「魚心あれば水ごろ、ってしってる? 試験にでるよ 」といったかどうか分からないが、体を開けと求めたのは共同通信という企業の偉いさんであった。
         ・
         ・
         ・
 と、いくらだって企業のおかしな振る舞いは数え上げることができる。中には従業員の不祥事といって済む場合もあろう。が、企業そのものが悪であると断罪されるケースだって数多い。
  それに、そもそもである。契約社員、派遣社員など、自分らに都合の良い雇用形態を創り出し、若者の雇用を不安定にし、その多くから将来の夢を奪い、結婚すらできない状態に落としたのは、企業である。
 それれなのに、企業はそんなに善玉か?

 民にも官にも、いいところもあれば悪いところもある。それだけのことなのだ。

 違いは、民間は経済活動を通じて利潤を追求する集団であり、官庁はお金は稼がず、もっぱら、お金の役に立つ使い方を考える、という1点にしかない。
 餅は餅屋、馬鹿とハサミは使いようなので、要はそれぞれの機能がうまくからみ合い、みんながハッピーになる世の中を作ればいいのである。

 「お前らは馬鹿だ」

 「いや、お前らこそけしからん」

 と子供じみた喧嘩を繰り返すことほど愚かなことはない。

 それなのに、官僚性悪説にあって官を攻め続けていたことに8億円の呼び値がついた。それが、私の

 「へえっ」

 の中身である。

 しかし、ガマさん、8億円で熊手を買ったんだって?
 まあ、熊手っていえばお金をかき集める道具だよなあ。お金をかき集める先っぽの部分はプラチナで、手で握るところは純金に宝石を散りばめた豪華なもの。沢山お金をかき集めるには、まずそのための道具に金を訴sぎこまなくっちゃ、というわけか。
 政治って、やっぱりお金をかき集める手段なのね?

 でも、ガマ君、あと何日頑張っていられるんだろう。
 断末魔の顔を見たいような、どうでもいいような。
 そんな気分の私である。

 

前の日誌                             
無断               メール