●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2014年1月13日 3連休

 暮れから正月にかけての9連休に続き、11日から今日までは3連休であった。皆様は、この休み続きをどう楽しまれたであろうか?

 それにしても、である。
 今の日本、結構休みが増えた。日本がバブルの真っ最中、

 Japan as No.1

 などとたわいもないことをいう外国人ジャーナリストもいて(エズラ・ヴォーゲル、確かそうだったよね?)、みんなが浮かれて我が世の春を満喫する我が日本に対し、

 「働き過ぎ」

 との非難が、主に米国から届いた。
 なーに、あんなもの、単なる嫉妬だよ、僻みだよと受け流しておけば良かったものを、律儀な日本政府は、

 「それは誠に申し訳ない」

 と恐縮して、せっせせっせと休日を増やした。その結果が今なのだが、さて、日本のバブルがつぶれ、失われた10年、失われた20年という時間を過ごし、定職がもてない若者がいっぱい出てきているのに、でも、

 「やっぱ、もう少し働いた方がいいんじゃない?」

 と言う声はどこからも沸き起こらず、ために、儲けすぎ日本に対する、諸外国からの嫉視を避けるためだったはずの休日増がすっかり定着した。

 私が新聞少年だった50年と少々前、新聞というのは毎日朝刊と夕刊が出るのが当たり前だった。1年365日(閏年は366日)、日曜日でも祭日でも、きちんきちんと新聞が出た。新聞少年だった紅顔の私は、だから土曜日といわず日曜日といわず、毎朝夕、新聞を読者宅に届けた。
 休刊日は年に3日。1月1日の夕刊と2日の朝刊、5月5日の夕刊と6日の朝刊、そして秋分の日の夕刊と翌日の朝刊だけであった。
 新聞少年がそれだけ働いた。当時の大人たちはもっと働いていた(うちの親父は働かずに酒を飲んでいた)。当時を知る私にすれば、休みが増えたことを喜びつつ、隔世の感がある。

 しかし、休みが増えた分だけ世の中にゆとりは増えたか?

 休みなんだから、何かしなきゃ。
 休みなんだからどこかに行かなきゃ。


 年末年始、ゴールデンウイーク、夏休み。毎度毎度海外に出る航空便が満席になり、新幹線がギュウギュウになり、高速道路が渋滞する。
 結局のところ、平日以上に忙しく疲れる日々を過ごしている人が増えただけではないのか? 
 せっかくの連休、秒刻みの細かなスケジュールに沿って観光地巡りをしてどうする? 

 「ああ、ここがテレビで見た(本で見た、人に聞いた、でもいいが)○○なんだ!」

 って、そんなもん、確認してどうする?

 「ほんと、テレビと(本と、話と)同じなんだね!!」

 って、そんなことで感動するのはアホじゃないか?!

 と、私は思う。
 もっと、中身の詰まった休日の過ごし方はないのかね?


 ん? で、俺は連休中、何をしてたか、って?

 はい、ひたすら高校入試の数学問題とにらめっこし(解き、と書かないところが私の奥ゆかしさ。正確なレポート、との言い方もある。あ、報告が遅れましたがが、とうとう図形編に入りました)、肩をかばいながらギターから音を出し(弾いた、というレベルではないと自認する)、を読み、録画したブルーレイディスクの編集を進める。
 そう、どういう訳か、一歩も自宅を出ずに時間を過ごしておるのです。外に出るのは、妻女殿のご命令で買い物に行く程度なのです。

 おかげで、本日の万歩計の目盛りはまだ829歩。つまり、運動不足の典型なのである。

 まあ、趣味がすべて屋内型になっている以上、充実した時を過ごせば過ごすほど、万歩計の目盛りは低空飛行する。避けられない現実である。
 これはいかんと、毎日スクワットだけは継続している。先日までは30回で息が上がっていたが、いまでは40回も平然と出来る。近々50回に増やしそうな勢いである。


 にしても、だ。
 細川さん、都知事選に出る?

 何とも不思議な人である。
 総理を務めた。消費税率を引き上げようとして、数字の根拠を問われて

 「腰だめの数字」

 と口走った。口走って

 「何、それ?」

 と疑問が続出。加えて、どっかの運送屋さんからお金をもらっていたことも明るみに出て政権を投げ出した。

 程度の記憶しか、私にはない。確かそのあとは、鎌倉で陶器を焼いていたはずである。
 氏素性の良さから、お金持ちであることから、何となく鳩山君の親戚ではないかという印象すらある。ご親戚ではないかと思われる鳩山君は、政界を引退したにもかかわらずあちこちに出没、相変わらず火星語を専らとし、元首相の肩書きがある分だけ世間にご迷惑をかける発言を積み重ねている一方、細川君は焼き物と同じで枯れているのだろうと安心していたのだが。
 そのあんたが、都知事選に立候補? まだ枯れてない? 
 茶碗って、焼いちゃったらもう粘土には戻らないんだよ。それ、知ってる?

 何か、日本って、ほんとに人材が払底してるね。ま、いま権力の地位にある連中程度で治まっているのだから、日本は奇跡的にいい国なのかもしれないが。

 にしても、だ。
 どうして俺に白羽の矢を立てるヤツがいないの? 
 
俺って、猪瀬とか、石原とか、細川とか、舛添とか、そのまんま東とか、橋下とか、あんなヤツらより下の材なのかな……。
 それとも、私の腰の障害に配慮してる?

 ま、いいけどね。

 

前の日誌                             
無断               メール