●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 20013年8月25日 想定通り

 昨日お知らせしたが如く、本日、公民館の祭りに行って唸ってきた。
 いや、唸るのは浪曲か。私が弾いて声を出したのはフォークにロックにブルースだから、ここはやっぱり歌ってきたというべきか。

 ・プカプカ
 ・Norwegian Wood
 ・Tears in hHeaven


 まず、

 「いやあ、元とはいえ、有力者は有力者。O氏には、やっぱり力があるんですねえ。出ろといわれて嫌で逃げ回っていたんだけど、とうとう引きずり出されてしまった。権力とは怖いものです」

 と、笑いを取ろうとしゃべった。誰も笑わなかった。焦った私は、言葉を継いだ。

 「生まれは九州、自宅は横浜、現住所は桐生市○○。この公民館とは何の関わりもないんですが、それでもお白洲に引きずり出されました」

 無言の大衆。
 この瞬間、私の運命は決まったようなものである。はっ、どうせ受けないのよ!

 「最初は非国民の歌です」

 プカプカを歌い始めた。途中で止めて

 「ね、これ、タバコを吸う女性の歌なんです。いってみれば、喫煙者は高額納税者。それがいまやゴキブリのように毛嫌いされる。どうなってんでしょうね、この国?」

 再び歌い始める。
 3番に入る前に、再び中断。

 「えーっと、ここからは小さなお子さんたちは聞かない方がいいかも」

 これで笑いが取れないのだから、強の聴衆、この歌知らないんだな、きっと。結構高齢者が多いのに。

 ということで、歌詞が気になる方はこちらへ。
 ねっ、刺激的でしょ、3番。西岡恭蔵、お前はマゾか?
 ん? だとすると、あえてこの曲を歌う俺は何?


 コードをかき鳴らして歌うだけなのに、結構ギターを間違える。ありゃりゃ、あがってるわ、私。

 
 「はい、こんな簡単な曲でもギターを間違える私です。次の曲は、必ず間違えます。だって、ギターがもっと難しいのです。おかしかったら笑って結構。曲はビートルズ。村上春樹さんで有名ですね。いずれにしても、不良の歌です。英語だから分からないけど」

 間違った。大幅に間違った。とにかく、右手が動かぬ。はっ、でかい面しているのに、ノミ並かよ、俺の度胸は。


 「やっと最後になりました。次の曲は、150%ギターを間違えます。自宅で一人やってるときは弾けるんだけど、こんな場所に出ると頭がクラクラして指が動かないのですねえ」

 そうなのである。左手でギターのフレットを押さえるのは何とかなる。ところが、弦をつま弾く右手が縮かんでしまい、指が弦に届かなかったり、ほかの弦にひっかかってしまったり。
 まあ、さんざんなできであった。

 唯一の救いは、1年以上前、ほかの公民館でやったときより、間違いが少なかったことだ。あの時は、ほとんどギターから音を出せなかったもんな。
 ん、俺も進歩している、ともいえる。あれからどれだけの時間がたってるんだ? 進歩しないな、ともいえる。
 ま、評価は人に任せるしかない。

 と己をあざ笑いながら、楽屋、といっても公民館の事務室だが、そこに引き上げてきたら、知り合いが声をかけてきた。

 「良かったよ」

 ま、このごますりめ。あれの何処が良かったっていうんだ?

 「良かったけど、次までにもう少し練習した方がいいね」

 ……。

 確かに、的確な指摘ではある。


 ま、今日は桐生市の元有力者O氏の圧力に屈した善人が、人前でさんざん恥をかいた報告で筆を置く。
 O氏に恩を売れたことだけが取り柄の日であった。

 ああ、もっと練習しなきゃ、ギター……。

 

前の日誌                             
無断               メール