●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2013年7月3日 何という1日

 夢見、が悪かったのかも知れない。
 何しろ、私の夢に出てきた女性は、私に恋い焦がれる余り、私の夢の世界にまで入り込んで私に逢いに来たのだ、と古人が信じて疑わなかったほど、夢というのは大切なものだ。

 近年、夢でまで私に逢いに来る女性がめっきり減った。それは、私が齢を重ね、容色が衰えた故である、と諦めねばならないのか。
 今朝の夢にもそんな女性は現れなかった。
 代わって登場したのは、何と、私である。私が私に恋い焦がれているってか? はっ!

 夢に登場した私は、私を見下ろしていた。見下ろしながらいったのである。

 「お前、はげてきたぞ」

 いわれた私は鏡を見た。どういう訳か、頭頂部まで見える鏡であった。見ながら、私はつぶやいた。

 「ホントだ」

 頭の両脇には、豊かな髪がある。が、額から頭頂部にかけて、髪の毛を透かして地肌が見えるではないか。

 「やばい。本当に薄くなってきたなあ。完全にはげるまであとな年だ?」

 そう思いながら鏡に見入った私の頭脳は、同時にフル回転していた。

 「これはどうしたことだ? 俺の血筋は、父親系統にも、母親系統にもはげは一人もいないぞ。父親系統は、どちらかというと額の両脇から剃り込みが入るタイプだった。67で死んだオヤジも、85で死んだ爺さんも、両脇も剃り込みは入っていたが、死ぬまで髪の毛はあった。母親系統は白髪の血統だ。はげてる尾時期は一人もいない。どうして俺だけが?」

 考えているうちに目が覚めた。午前8時少し前だった。自宅と会社が一緒である私だから体験できる起床時間である。
 最近、風呂上がり、シャワーのあとに、前頭部の地肌が紙をすかして見えることがある。恐らく、髪を短くしているのと、前頭部の髪が白くなったためだろうと了解している。が、そういいながら、どこかで

 「俺、はげ始めた?

 と恐れているのではないか? だからこんな夢を見るのではないか? 
 髪がなくなる。いいではないか。薄くなったらつるつる頭にしてもいいではないか? と思い込もうとしているが、それは多分嘘だな。
 髪は長ーい友であって欲しい……。

 いずれにしても、幸先の悪い1日の始まりではあった。
 貴女が夢で私に逢いに来ないからですぞ!
 

 午前9時、我が家を尋ねる人があった。それには訳がある。
 会社が設置し、仕事に、私用に使っている ADSLモデムがしばらく前から不調だった。常に不調なわけではないが、時にご機嫌をこじらせる。
 ルーターも兼ねているこのモデム、調子が悪くなるとルーター機能に障害が起きる。仕事に使うウインドウズマシンにつないだネットワークは生きているのに、ほかのポートが落ちる。無線 LANルーターにつないでいるポートが落ちるだけならまだしも、ファックス&プリンターにつないでいるポートも落ちるのだ。

 このファックス&プリンターが困りものである。こいつ、ファックスを受信すると、受信したことと受信した内容をメールにし、会社が配備したスマホに送るのである。会社は、事務所を離れているときも働かせようという魂胆である。それも受忍してもよい。
 困るのは、このファックス&プリンター、メールを発信するには、ネットワークにつながっていなければならないことだ。で、モデムが不調になり、メールが出せなくなるとどうなるか。
 ほとんど5分に1回、悲鳴をあげるのである。メールを出そうとしているのに、メールが出せない。オラ、困っただ! と叫び続けるのだ。
 事務所は、私の寝室の隣にあり、ファックス&プリンターは寝室に一番近い壁に接して配置されている。つまり、モデムが不調なると、我がファックス&プリンターは一晩中、寝室に一番近いところで、ほとんど5分おきに悲鳴をあげ続ける。

 「何とかならんか?」

 誰だってそう思う。私だってそう思った。故に会社の官僚とかけあい、

 「いまどき ADSLとは従業員をなめるにもほどがある。直ちに光回線に取り替えよ。それまでのつなぎとしてモデムを交換せよ」

 と迫った。私の迫力に負けたのか、会社はモデムの交換に応じた。光回線になるかどうかは、これからの課題である。

 というわけで、 NTTから新しいモデムが送られてきた。3週間ほど前のことである。開けてみたら、LANのケーブルを差し込める穴が一つしかなかった。
  NTTとはずさんな会社である。使用状況も聞かずに、

 「はい、 ADSLのモデムですね」

 などと安請け合いして何も考えないから、このようなことが起きる(なお、 NTTに発注したのは、私の会社であって私ではない。念のため)。
 モデムだけでは、ネットにつなげるのはパソコン1台のみである。ファックス&プリンターはつなげない。故に、使い物にならない。
 直ちに強く抗議した。1週間ほどで新しい機種を送ってきた。前に来た機種を送り返したのはいうまでもない。

 という経過があって、今日は、モデムを取り替える日であった。

 「安堂さん、モデムの取り替えって結構面倒らしいんで、こちらの業者さんに委託して下さい」

 といってきたのは会社である。私だってモデムの取り替えに自信があるわけではないから、素直に会社の申し出に乗った。
 という次第で、今朝9時、モデムの取り替えを委託された業者さんが我が家に来たのである。

 業者さんである。専門家である。1時間もすれば終わるのであろうと安心してみていた。ところが、1時間たっても2時間たっても終わらない。ついには、この業者さん、 NTTの問い合わせセンターに電話をかけた。

 「ということをやったんですけど、モデムが反応しなくて……」

 おいおい、あんた、専門家じゃないのか? 何やってんだよ! とイライラし始めた私は、全く想定外の会話を耳にする。

 「えっ、この機種、モデム機能はないんですか? は、ルーター機能だけ?」

 なるほど、モデムとしての機能を持っていない機械にモデムとして働けといっても所詮無理な話である。つまり、 NTTがいい加減な仕事をし、そのために、この業者さんと私の時間を無駄遣いしたのである。

  NTTに電話をした。

 「あんたが送ってきた機械だけではネットに接続できない。どういうつもりだ?」

 「えっ、そんなバカな。その業者さんがおかしいんですよ。代わってくれますか?」


 代わった。

 「私は、おたくの問い合わせセンターに電話をして、この機種はモデム機能がないといわれたんです。何か問題がありますか?」

 業者さんにこれ以上いていただいても何も得るところはない、。通信ができないと困るので、取り替えようと思った古いモデムを再び接続してもらい、お引き取り願った。それが昼前のことである。
 半日かけて何も変わらず。これ以上の無駄はない

 しばらくすると、NTTから電話が来た。

 「申し訳ありませんでした。確かに、お送りした機械だけではネットにつなげません。あれは LANのルーターで、ネットにつなぐにはモデムが必要です」

 「ということは、送り返した機械を手元に持っていなきゃいけなかったということ?」

 「はい、その通りで……」


  NTTとは、バカの集まりか。

 「じゃあ、またこれから、それを送ってくれるの?」

 「いえ、これから私がお届けします」

 「届けてもらっても、設定してくれる業者さんは帰っちゃったよ」

 「はい、私が何とか設定しますので」


 彼が来たのは午後2時であった。それから彼の苦悩が始まる。

 「えーと、設定のマニュアルは何処にありますか?」

 えーっ、あんたが設定するっていったのに、マニュアルを見ないと作業ができないわけ?
 彼はマニュアルと首っ引きで設定を始めた。

 「おかしい。中に入れない」

 なにやら、もごもご言っている。何度もパソコンを再起動する。そのたびに私が必要になる。そう、会社の仕事でつ買うパソコンだから、 IDとパスワードがないと立ち上がらないのだ。

 仕方なく、事務所で本を読みながら待機した。午後4時頃であったろうか、彼は突然こんな話をした。

 「モデムはつながりました。でも、ルーターの設定がうまくいきません。今日はこれで我慢していただいて、ここから先は明日以降ということで……」

 こいつ、何を考えてるんだ?

 だめです。ルーターがないと、仕事に差し障ります」

 そうなのだ、ルーターが働いてくれないことには、ファックス&プリンターがわめき続けるのである。

 「分からないんだったら、分かる人に電話で聞いたらいいじゃない」

 こちらは客である。ここは冷たくあしらわねばならない場面である。あんたさあ、そもそも仕事ってどんなものかわかってんのか? としかりつけるより、ここは冷たく

 「だめです」

 といった方が、パンチの力は強い。

 彼は電話をかけ始め、午後5時近くになってやっと開通した。

 「ということで、とりあえず乙かいただいて、後日、詳しいものを連れて参りますので、とりあえず今日はこのあたりで失礼します」

 こちらに異存はない。彼と一緒の時間をできるだけ沢山持ちたいなどという思いはさらさらない。とりあえず、ネットにつながったのなら充分である。

 「でもさ」

 と私は切り出した。

 「あなたがきちんとしたものを送ってきていたら、設置と設定は、多分、午前10時半か11時には終わっていた。あなたがおかしなものを送ってくるから、いいですか、設置に来た業者さんは昼近くまでここにいた。でも、委託された仕事ができなかったんだから、うちの会社に作業料を請求することはできないでしょう。つまり、ただ働きということになる。これ、原因をつくったあなたの方で補填すべきですよね?」

 まっとうな話だと思う。

 「分かりました。それは当方で充分に検討します」

 としかいえないか。

 「それだけじゃない。あなたがおかしなものを送ってくるから、私は丸1日、ここを動けなかった。つまり、仕事ができなかった。この補償も必要なんじゃないですか? いっておきますが、私の時間単価は高いですよ

 ん、待てよ。月給14万円、時間外2万円。あわせて16万円しか会社からいただいていない私の時間単価って? 月に20日働くとして、1日8000円、1日8時間働くとして、1時間1000円。何だ、コンビニのバイトとさほど変わりないじゃないか……。
 8時間働くことになっているうち、仕事をしている時間と仕事をしていない時間を比較すれば、仕事をしていない時間の方が遥かにい多いのだから、文句を言う筋合いもないが。

 というひどい1日であった。

 夕刻すぎからファックスが来始めたとおもったら、ファックス&プリンターがわめき始めた。メールを出したいのに出せないらしい。つまり、ルーターがちゃんと働いていない

 ひどい一日は、ひどい一日で終わるのではなく、ひどい一日のまま明日につながる。あーあ、明日は朝から、またあの NTTのオッちゃんに電話して、

 「一刻も早く来い!」

 と怒鳴りつけねばならないのか。
 怒鳴りつけられたあのオッちゃんは、電話口では

 「はっ、申し訳ございません。直ちに」

 などといいながら

 「安堂の野郎、殺してやる!

 って怒るんだろうな。
 だが、ここは、ヤツがどれほど怒ろうとも、私が悪人と見なされようとも、やらせるべきことはやらせなければならないのである。

 ほら、またファックス&プリンターがわめいているよ……。

 ピピピピ、ピッピッピッピ。

 

前の日誌                             
無断               メール