●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2013年1月28日 インフルエンザ・その4=終わり

 私がインフルエンザ?
 何年ぶりだろう。思いだそうとするが、前回インフルエンザに罹患した記憶がどうしても出てこない。考えてみれば、そのはずである。

 私、25歳でいまの会社に入って、病気で仕事を休んだのは1回だけである。岐阜から名古屋に転勤した1979年春、あまりの仕事に質の変化に戸惑ったのであろう。私は39度の熱を出した。
 職場で、昼過ぎから調子が悪かった。あまりにも気分が悪いので、夕方、医者に行き、薬を処方してもらった。手元に薬があるのなら、まず飲むに越したことはない、と、1包だけ水で流し込むと、20分もたっただろうか。私は全身から汗を流し始め、意識が朦朧としてきた。汗を拭くハンカチは、もうグチャグチャである。

 「すみません。気分が悪いので、早めに引き上げます」

 と職場の上司に断り、タクシーで帰宅してそのまま布団に突っ伏した。気がついたのは、確か3日目の朝である。ほとんど丸2日、私の魂は、生と死の境界線上を漂い続けた。

 いまになって思えば、あれは知恵熱であったのだと思う。新しく吸収せねばならぬことが多すぎて、頭脳が熱暴走したのである。

 それはとにかく、本格的に寝込むのはその時以来だ。あれがインフルエンザではなく知恵熱であったとすれば、さて、私が前回インフルエンザに罹患したのは、いつのことなのか? ひょっとしたら、初めてのインフルエンザか?

 「君がインフルエンザ? 僕が吸い取ってやる。ほら、口を出して……。もう大丈夫だよ。いっぱい吸い取ったから」

 などと、どこかで口走ったような気もするが……。


 いや、車を運転しながら考えたのは、そんなどうでもいいことではない。
 私は、翌24日に2つの約束があった。一つは、マッサージの予約である。21日夕のマッサージがあまりに心地よく、一刻も早く2回目のマッサージを受けたいと思い続けた予約である。
 が、それも、インフルエンザとあればパスせざるを得まい。

 それはいい。問題は、もうひとつの約束である。そう、病院で医者に告げた飲み会だ。

 いってみれば、私が立ち上げたような飲み会である。回を重ねるごとに参加者が増え、ということはみんな楽しく酒を飲み、できることなら欠席したくないという飲み会なのだ。言い出しっぺの私が欠席を望むはずがない。

 「どうする? 参加したいよな。でも、インフルエンザだよな。だけど、インフルエンザごときで欠席していいのか? もっと大事なことを求めて集う飲み会ではないのか?」

 自宅に戻ってからも、布団に入ってからも、24日朝、目覚めてからも、ずっと考え続けた。

 「しかし、私が参加したいからといって、ほかの参加者を、インフルエンザ罹患のリスクに曝していいのか?」

 まあ、客観的にいえば、まことにわがまま勝手な悩みである。が、どんなにわがままであろうと、勝手に見えようと、真剣に考えたのだから仕方がない。

 「やっぱ、インフルエンザ、移しちゃまずいよな」

 と心を決めたのは、夕刻であった。
 今回、参加は遠慮しよう。その代わり、会場には出向き、冒頭に、

 「参加できなくてゴメン」

 と挨拶して戻ってこよう。
 午後6時過ぎ、そう思い定めてタクシーに乗った。

 「というわけ皆さん、私、皆さんにインフルエンザを移しちゃまずいので、これで帰ります。ゆっくり飲んでいってください」

 との挨拶が終わるか終わらないうちに、隣の社長から声がかかった。

 「安堂さん、何いってんの。俺も、インフルエンザにかかってさ、昨日でやっと抜けたの。だから、俺はもう免疫があり、インフルエンザにならないのよ。俺の横で飲んでればいいじゃない」

 私の斜め前に座った教授がいった。

 「我が家もね、妻と娘がインフルエンザのA型にかかって、僕、ずっと看病してたんです。それでも移らなかったから、安堂さんのインフルエンザも大丈夫ですよ。僕が壁になりましょう

 事務方の若い衆が言った。

 「我が家でインフルエンザが流行ると、僕がいつもおさんどんするんです。で、僕だけインフルエンザにならない。僕、インフルエンザに強いんです。大丈夫だから、安堂さん、飲みましょうよ」

 私を帰そうとしない。遠くの方から、

 「できるだけ俺の方に来るなよ」

 という目で私を見ている人もいたような気はするが、3人から引き止められれば、流石に私は帰れない。

 「じゃあ、俺も生ビールね!

 最初は、マスクをつけたりはずしたりしながら飲んでいたが、15分もすると面倒になった。

 「ここまで来たら、マスクなんかいらないや」

 さて、それからどれだけ飲んだことか……。


 はっきり書いておく。現場における私の決断を、私は弁護しない。医学的に見れば無謀の一言で片がつく。

 「お前は、インフルエンザのウイルスを振りまく気か!」

 いや、振りまく気はありません。結果的に蔓延したかもしれませんが……、ごめんなさい!

 気になって本日、参加者全員に、インフルエンザに罹患しなかったかどうかを問い合わせるメールを出した。今のところ、誰からも

 「お前に移された!」

 という抗議は来ない。
 とりあえず、無事であったか。それとも、私に宿ったインフルエンザウイルスは、老体にしか勝負を挑めない根性なしであったか。

 という次第で、インフルエンザのお話は終わりである。
 いや、一つ書き漏らした。

 24日、妻女殿を前日に引き続いて医者にお連れした。私のインフルエンザがはっきりした以上、妻女殿の検査もする必要がある。

 まあ、そこまで律儀に付き合わなくとも良かろうに、妻女殿も見事にストライクであった。

 しかし、インフルエンザの感染とは良くしたもので、まず私が感染し高熱に苦しむ。それが妻女殿に移るころには私の高熱はひき、体も動く。
 24日の朝食は私が出汁のたっぷりきいたみそ汁を作り、鰯の丸干しを焼いた。昼食は、寿司を買ってきた。夕食には、私がステーキを焼き、キャベツを炒めてトマトを輪切りにした。

 25日からは妻女殿が台所に立った。カバーし合いながら(ん? 私はカバーしてもらったか? 私の代わりに妻女殿が仕事をしたわけでもないし、もちろん、そもそもできるはずもないが)、我が家は何とか生き延びた。

 2人そろって、同じ日に発症していたら、さて、我が家の暮らしはどうなっていたか。買い物にも行けず、食事も作れず、2人してやせ衰えていたかもしれない。

 時間差攻撃をするインフルエンザ。敵ながらあっぱれ、惻隠の情だけは持っておるのだな。あんた、ひょっとしたら、偉い!!

 

前の日誌                             
無断               メール