●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2012年11月25日 備忘録

 やっぱりのドジョウ対すぐにお腹が痛くなるお坊ちゃま対大阪の番長の対決には、トンと興味が持てぬ。歴史が後戻りすることはないし、自民党に景気のてこ入れができるはずもないし(できるんだったら、とっくの昔に景気は回復している。奴らが政権を離れたのはたったの3年間だ)、テレビ受けばかりを狙う番長がいま何をいおうとすぐに変身するに決まっているし。
 つまらないパフォーマンス合戦である。政治家には、もっと大地に根の生えた話を聞きたい。

 世の中がつまらないと、書くネタもない。よって本日は、私自身のための備忘録を記す。

 23日、息子夫婦がやってきた。なぜそうするのかは不明だが、市内の料亭と小料理屋の中間あたりにある洒落た和食の店で2人を接待した。なかなか手の込んだ料理を出す店で、今回は、ローストビーフでウニを巻いた突き出しがよかった。

 今夕、妻女殿が

 「あれ、作ってみようか」

 とおっしゃった。

 「いくら美味くても、2つも3つも食べるものではない。大勢客が来るときならいざ知らず、自宅で作る料理ではない」

 とお答えして、このプランはお蔵入り。

 当日は、自宅に戻ってビール、ブランデー。我が息子ながらよく飲む。日付変更線を越えても、飲み、食い、さらに私に議論を吹きかける。何でも、ビジネスにおけるネットの使い方、がテーマである。

 「もう遅い。寝るぞ」

 本当に布団に入るまで、確か3回ほどそういった。翌24日は、それでも比較的健やかに目覚めた。

 
 12月が近い。サンタクロースの出番が近づいた。

 「あのさ」

 と午後8時を過ぎて電話をかけてきたのは、四日市の啓樹である。

 「あのさ、決まった。僕が欲しいのは自転車で、シルバーフォックスの青がいいの」

 こいつらしい。子供のころに買った自転車が小さくなり、錆びたのだそうだ。

 「分かった。でも啓樹、啓樹はお兄ちゃんなんだから、自分のが決まったら、嵩悟のプレゼントも決めてあげなくちゃ」

 「うん、嵩ちゃんも決まったよ」

 「何だ?」

 「アンパンマンレジスターがいいんだって」


 それはこいつのことかな?

 「ところで啓樹、いっぱい遊んでるか?」

 「うん」

 「いっぱい勉強してるか?」

 「うん、今日も宿題した」

 「そうか、じゃあサンタさんが来るのが楽しみだね」


 今日は電話をしてこなかったが、横浜の瑛汰はスターウォーズのレゴが欲しいらしい。現在は、どれにするか選定中とのことだ。
 璃子は、すでに決まった。「ぽぽちゃん」である。これだ。

 何でも、高給ミルクのみ人形なのだそうだ。ベビーカーがあったり、子育てセットがあったり、たくさん売られているが、とりあえずはこのデビューセットでよろしかろう。7342円。
 しかし、女の子というのはわずか2歳にしてこのようなものを欲しがるか。男の子は絶対に欲しがらないけどなあ。

 という次第で、日曜日も間もなく終わる。明日は、朝から整形外科。肩の傷みが早く取れて欲しい。
 そういえば、今日久しぶりに1時間半ほどギターを抱えたが、肩の具合はそれほど変わらない。やっと回復期に入ってくれたか?
 治ったら弾くぞ、ギターを!

 

前の日誌                             
無断               メール