●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2012年8月9日 どちらでもいいのです

 
つい先日、近くの家電量販店にDVDのホルダーを買いに行った。
 エスカレーターで2階の売り場に上がり、何の気なしに左を見た。その
とたん、見てはいけないものが目に入った。まさか。お前がここに存在するはずはない!

 怖いもの見たさ、である。私は、つかつかと、ここに存在するはずのないもののところに歩み寄った。

 「何で、君がここにいる?」

 問いかけた相手は、売り子のお姉ちゃんである。このお姉ちゃんが、ここに存在するはずのないものの正体である。

 「君は、転勤したはずだろ?」

 彼女は接客中であった。

 「あ、お久しぶり。よかった、お話ししたいことがあるんです、あとで」

 お断りしておくが、私は彼女の名前も知らない。ましてや、一緒に食事をしたことも、お酒を飲んだことも、手をつないで歩いたことも、××したこともない。単なる、売り子と客の関係である。品定めをするうち何となく会話をするようになったという
だけの仲である。残念だが。

 彼女が

 「せっかく知り合いになれたのに、私、転勤なんですよ」

 と話したのは、春先のことだったと思う。

 「そうか、これから仲良くなれるかも知れないというのに、××もしないまま別れるのは残念だね」

 といってバイバイした相手である。
 もちろん、そういうだけのことで、まあ、記憶からもほとんど消えていた女性である。

 それが、いなくなったはずの店に戻ってきた。何で? 何か
不祥事でも起こして新しい店にいられなくなった? でも、話があるって、何だ?

 あとで、といわれた以上、あとで、を済まさずに店を去るわけにはいかない。しばらく店内をうろつき、彼女が暇になるのを待った。

 「どうしたの。何かやばいことでもあった?」

 客がいなくなったのを見計らって彼女のいるカウンターに行き、問いかけた。

 「ええ、やばい、といったらやばいんですけど……」

 
ストーカーであった。
 何でも4年前、彼女はストーカー被害にあった。店に来る。彼女を独占しようとする。無視すると、どこで調べたのか彼女の車を割り出し、その車の前に自分の車を止めて彼女の仕事が終わるのを待つ。唖然とする彼女に、その男はいったそうだ。

 「さて、これからどこ行こうか?」

 彼女ならずとも、背筋がゾッとする。

 「いくつぐらいの男なの?」

 「あの頃で、50ちょっとかな」

 「やっぱり、小太りで、ベビーフェイスというか、子どもっぽい顔をした、いかにもそれらしい男?」

 「それが、どう見ても普通の人で、だから驚いたんです」

 「50過ぎて独身だった?」

 「多分」

 「それ、
俺じゃなかったよね

 「アハハハ」

 困り果てた彼女は警察に相談した。警察がその男を呼び出して厳重に注意した。同時に、警察の指導で車のナンバーを変えた。それで被害は終わった。

 「と思っていたんです。ところが、その男が転勤先の店に現れて」

 2ヶ月ほど前のことだという。店頭に来る。店頭に出ていないと、スタッフに彼女を出せと凄む。

 「もう、50代後半の男だよね」

 「そうなんです」

 彼女を心配した上司が、再び転勤させた。

 「というわけで、この店に戻ったんです。出戻りですよ」

 彼女は、私の目から見る限り、容姿は10人前に
とどまる。加えて、女を前面に出すタイプではない。どちらかといえば男っぽいといった方がいいタイプである。
 その彼女に、妄想をたぎらせる男がいる。4年間もたぎらせ続けた男がいる。それも、還暦までもうすぐという年齢である。

 老いて、
ますます妄想をたぎらせるエネルギーを羨ましいというべきか。
 心を病んだ人がここにもいたというべきか。

 彼女は車で通勤しているという。

 「車通勤だから大丈夫だとは思うけど、念のために防犯ブザー、買っておきなよ。そんな奴ら、何かをしようとしても音でびっくりしちゃうから、多少の効果はあるぜ」

 話しているのは電気屋さんの中である。この店でも売っているに違いない。私が買ってプレゼントしてもいいのだが、何しろ、私は彼女の名前すら知らないのである。そこまでするのは、いくら何でも行きすぎであろう。行きすぎれば、
私がストーカーと疑われかねない。

 私に話して、彼女は多少心の平安を取り戻せたであろうか。

 「じゃあね」

 と挨拶して去り際、私は思わずいってしまった。

 「そうそう、
さて、これからどこ行こうか?

 2人で大笑いした。

 私は、いくつになっても女性が好きな男が好きである。
 かつて知り合いだった上場企業の会長さんは、80歳を過ぎても、週に1回は夜の銀座に出た。

 「会長、いくつになっても元気ですね」

 と聞くと、

 「週に1回ぐらいは、若い女の乳を揉まないと生きてる気がしないもんでな」

 と答えた。私、こんな爺さん、大好きである。

 が、相手に迷惑をかけてはいかん。ましてや、恐怖心を抱かせるのは、歴とした犯罪である。

 男と女、何が起きても、起きなくてもいい。だが、例え起きる場合も、どこかでケラケラと笑える明るさが欲しい。

 そういえば、俺たち、

 「そうそう、さて、これからどこ行こうか?」

 といって大笑いしたな。ここから何かが起きるだろうか? 何も起きないだろうか?

 てなことも、
どちらでもいいのである。

 

前の日誌                             
無断               メール