●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2011年10月08日 短信

 スティーブ・ジョブズが亡くなった。
 新聞、テレビが大々的に報じた。報じ方に違和感を感じたのは、私だけか?

 ジョブズの功績に、iPod、iPhone、iPadを挙げるのは、間違ってはいない。しかし、本当に評価されなければならないのは、Macintoshをこの世に登場させたことである。iPod、iPhone、iPadはその延長上にある製品に過ぎない。

 まるで訳が分からない呪文のようなコマンドを打ち込まねば動かなかったコンピューターを、マウスとアイコンで誰でも使えるようにしたのはジョブズである。
 
 今ではウインドウズも似たようなものである。だが、ウインドウズは常に、Macに似たパソコンになろうと追いかけ続けているに過ぎない。いくら金持ちになっても、いまだに生き続けていても、ビル・ゲイツがジョブズほど賞賛される日は絶対に来ない。

 新聞もテレビも、ジョブを賞賛する声ではち切れそうだった。
 おい、ちょっと待て! 記事を書いた記者さんよ、番組を作ったでレクターさんよ、あんたたち、iPod、iPhoneは使っているかも知れないけど、Mac、使ってるか? 会社が配ったウインドウズパソコンで原稿を書いてるんと違うか?

 ジョブズは大勢に流されず、常にいちばんいいものを作ろうとし続けた。彼が会社員であったら、会社がウインドウズパソコンを配っても、

 「こんな醜いもの、使えるか!」

 とたたき壊したに違いない。その心意気がなかったら、iPod、iPhone、iPadは世に出ていない。
 ウインドウズパソコンで書かれたジョブズ賞賛記事、ウインドウズパソコンでシナリオが書かれたジョブズ賞賛報道は、実感の伴わない、単なる言葉と映像の羅列に過ぎない。
 死の直前までベストを求め続けたジョブズを賞賛する資格は、ベストを求める気持ちを持ち合わせない貴方たちにはない。魂のこもらない報道は、空気よりも軽いと自覚した方がいい。


 
 iPhoneauからも売り出された。息子がソフトバンクに勤めるため、気になる。
 が、それを忘れれば、iPhoneでソフトバンクの競争相手ができたことは、ユーザーとしては歓迎すべきことである。競争のない世界に進歩はなく、サービスの向上はない。
 私はソフトバンクのiPhoneを使いながら、じっとサービス向上を待つ。


 小沢一郎さんの公判が始まった。
 いくつか思いがある。

 メディアは、相変わらず、ほぼ小沢たたき一色である。
 刑事被告人とは、裁判で有罪が確定するまでは、無罪の推定を受ける。それが民主主義における司法の原則だ。被告が市井の人であろうと、企業の経営者であろうと、政治家であろうと、原則は貫かれなければならない。
 原理原則を忘れ、己の信ずる正義に邁進するメディアほど危険なものはない。妄想にしか根拠のない記事や報道は社会を歪める。
 小沢一郎という力のある政治家でもこのように扱われるのなら。私やあなたが刑事被告人になったとしたら、メディアは絶対に助けてくれないと思い知るべきである。何十年かして、冤罪が立証されると掌を返すのもメディアではあるが。
 小沢さんが無罪になったら、どうするんだろうなあ、あいつら。

 
 私の風邪。
 声はかなり回復した。代わりに、鼻水が出るようになった。
 完全回復までに、さて、あとどの程度の時間がかかるのだろう?

 

前の日誌                            next  
無断               メール