●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2011年5月16日 事前通告

 「瑛汰、いまから大変なこというからね。ボス、いいですか。瑛汰、大変なこというよ」

 昨夕、入浴していたら電話が来た。何事ならんと、フリチンのまま脱衣室に出て携帯を取り出すと、瑛汰だった。

 「瑛汰、どうしたの? 何だ、大変な事って?」

 ママに内緒でソフトクリームでも食べたか?
 それとも、ママがこっそり隠していたへそくりでも見つけたか?

 「あのね、ボス、今度誕生日でしょう」

 確かに、今月は誕生月である。22日になると、望みもしないのに年齢が一つ加算される。加算されていくつになるかの計算は、とうにやめた。人は、毎年誕生日が来るから齢を重ねるのではない。誕生日を迎えて齢を重ねたと思い、それに合わせようとするから老けるのである。だから、誕生日など忘れるに越したことはない。主観的には、私はまだ40代である。
 ヘルニアが出た40代である。

 で、瑛汰、それがどうした?

 「あのね、誕生日にボスにあげるもの、瑛汰、決めたんだ。タオルをあげるんだ」

 いや、ボスは誕生日など忘れておる。忘れておるが、それを記憶する瑛汰からプレゼントを貰うのは嬉しくなくもない。
 でも、タオル?

 「あのさ、水につけると冷たくなるんだって。ボス、暑いの嫌いでしょう」

 ははあ、今年は電気の足りない夏である。どこもかしこも冷房設定温度を上げる。どこに行っても汗が出て止まらない夏になる。
 汗をかく夏。私は確かに嫌いだ。

 それを見越して、熱中症を予防するとかで特殊なタオルが人気を集めていると、新聞か何かに出ていたな。瑛汰、そこに目をつけたか。こういうやつだな。

 そうか、瑛汰、ありがとうよ。大事に使わせてもらうわ。でも、タオルを首に巻いた私は、単なるオッさんにみえないか?

 7月にやってくる自分の誕生日に向けてのプレゼンテーションかも知れないが、まあ、それはそれでいい。吉田兼好ならずとも、物をくれる人はよき人であると思うのが人間である。

 「でさあ」

 もっと話があるの? ボスはいまで、お風呂に入るところなんだけど。

 「今日ね、雀の子供が死んでたの」

 ボスの話、聞いてるの? でも、雀の子供?

 「巣から落ちちゃったんだよ。落っこちて死んだの。それを見つけたの」

 瑛汰の家に雀が巣を作っていたか? ボスは、瑛汰の家から桐生に戻ってきたばかりだけど、気がつかなかったなあ。

 「違うよ。友だちの家の近くの電信柱に巣があるの。そこから落ちて死んじゃったの」

 ふーん、それを見つけたんだ。

 「お父さんとお母さんも探してたんだ。どこ行ったのかなあ、って」

 ということは、雀の両親が探していたということらしい。ホントか?

 「もうね、固くなってたんだ。それで土に埋めてやったんだよ」

 このようなときに、

 瑛汰、土に埋めるより、毛をむしって焼き鳥にして食べちゃえば良かったのに、などというデリカシーのないことをいってはならない。

 「そうか、瑛汰。偉かったね。御墓をつくってあげたんだ。うん、瑛汰は偉いね」

 墓など不要、と公言している私も、このような際にはほかの言葉が出てこぬ。人を見て法を説くのも大事なことなのである。

 「じゃあね。バイバイ」

 いいたいことだけいって、瑛汰からの電話は切れた。いつものことである。
 すぐに湯船に戻って、小説を読み始めたのはいうまでもない。


 本日、携帯電話をiPhone4に代えた。これまで使っていたiPhone3Gの契約期間が10日で満了したからである。2年使った旧型は最近、バッテリーの持ちが悪くなっていた。

 そういえば、瑛汰ははやくiPhone4にしろといっていたなあ。テレビ電話でボスと話をしたいらしい。

 瑛汰、それは無理だ。ボスのところには無線LANがない。だから、テレビ電話は使えないらしいよ、とはまだ伝えていない。
 伝えても、理解してくれるとは思えないけど。

 まあ、また遊びに行くから勘弁してくれ。

 

前の日誌                               next
無断               メール