●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2010年10月18日 この野郎!

 「瑛汰、いる?」

 夕方、横浜の次女宅に電話をした。瑛汰に話があったからである。

 「はい、瑛汰です」

 と電話に出た瑛汰にいった。

 「瑛汰、ボスにありがとうは?」

 これだけではほとんどご理解いただけまい。まず、この会話に至る背景をご説明する。

 啓樹と瑛汰に、アイロンプリントでマイケル・ジャクソンのTシャツを作ってやったことはご報告した。喜んだ2人に、長女の出産で横浜にいた先々週、新しい約束をした。スター・ウォーズのTシャツである。それぞれ2枚ずつ作る。1枚は、ライトセーバーとする。もう一枚は何がいい?

 啓樹は

 「オビワン!」

 であった。
 瑛汰は

 「ヨーダ!」

 と叫んだ。チビのしわくちゃ爺さんTシャツを着る。瑛汰、かなり変わった趣味の持ち主だ。

 昨日、みどり市笠懸のヤマダ電器まで出かけ、アイロンプリントペーパーを買い求めた。帰りに相生のユニクロに寄り、サイズ120のTシャツ2枚、130を2枚仕入れた。

 自宅に戻り、画像はネットで探した。適当な映像を見繕い、「STAR WARS」「THE CLONE WARS」のロゴもダウンロードして、見事なスター・ウォーズシャツを4枚作り上げたのが、昨日の午後である。すぐに横浜に向けて発送した。

 「ボス,Tシャツ届いたよ。ありがとう」

 昼過ぎ、啓樹から電話が来た。啓樹はまだ横浜に滞在中である。

 「おう、届いたか。どっちが好き?」

 「うん、どっちも格好いい。ありがとう」

 「そうか。いま、どっちを着てる?」

 「ん? どっちも着てない。見ただけ」

 ま、それはそうである。朝、着替える。新しいTシャツが届いたからといって着替えるわけはない。
 啓樹とはそんな会話を交わした。


 Tシャツが届いたとき幼稚園に行っていた瑛汰も、午後3時前には帰宅し、ライトセーバーとヨーダのTシャツを見たはずである。が、電話が来ない
 夕方、私から瑛汰に電話をしたのはそんな次第からである。

 で、冒頭に戻ろう。

 「瑛汰、ボスにありがとうは?」

 と感謝の言葉を強要する私に、瑛汰はいった。

 「あのねえ、いま忙しいの。いま瑛汰、戦いしてんだから、凄く忙しいのよ」

 人様に物をいただいて、自ら謝礼をしなかったために謝礼を求める電話を受けて、この態度。瑛汰、なかなかふてぶてしい

 「瑛汰、Tシャツ届いたでしょう? どっちが好きだった? ライトセーバーと、ヨーダ」

 啓樹、ボスから電話。啓樹、電話に出る?

 向こうの受話器のそばで、瑛汰が声を出している。一刻も早く受話器から離れたいらしい。思わず、声が大きくなった。

 「瑛汰! どっちが格好良かった?」

 面倒くさそうに瑛汰が答える。

 「どっちもいいよ」

 こりゃあ、筋金入りだ。仕方なくいった。

 「瑛汰、啓樹に代わって」

 啓樹が出た。

 「啓樹、瑛汰はTシャツ見たのか?」

 「うん、ライトセーバーは見たけど、ヨーダはまだ」

 「そうか。な、啓樹、瑛汰にいいなさい。ボスにありがとうっていわなきゃダメでしょって」


 瑛汰、ボスにありがとうっていわなきゃダメでしょ!

 受話器の向こうで啓樹が大きな声を出した。再び瑛汰が受話器を持った。

 「ボス、ありがとう。瑛汰、忙しいから、バイバイ!

 それで通話が途切れた。

 おい、瑛汰、

 「ボス、帰っちゃダメー」

 「もっと、いっぱいいっぱいいて。だから、あと9日いて」

 「買えなくてもいい。お願いだから明日までいて。瑛汰、ボスと寝たい!」

 としがみついて離れなかったのは、つい先日のことではないか。もう心変わりしたか?

 目先、啓樹との戦いに我を忘れている瑛汰。うん、お前は健康に育っている。お前の年齢ではそちらの方がすがすがしい。思わず笑ってしまった。
 だけどな。最近は大人にも、いまのお前みたいなヤツが増えていてな……。

 啓樹、瑛汰、いい大人に成長しろよ!

 

前の日誌                        

無断               メール