●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2010年9月28日 リュック・ベッソン

 禁酒2日目
 働きづめだった我が肝臓は、歓喜の涙に暮れているに違いない。ゆっくり休みなさい。間もなく働きづめの日々が再開するから。
 体重、入浴前の計測で300g減。
 そんなもんか?

 仕事は何となくこなした。

 が、自分の時間にギターを手にする気にはなれず、読書と映画。

 「腰痛はアタマで治す」(伊藤和麿著、集英社新書)。

 目からウロコの腰痛本。書いてあるトレーニングを積めば腰痛から解放されるかも知れない、と思わせた初めての本。
 ゆっくり息を吐きながらお腹を最大限引っ込ませる。そのまま5秒かけて息を吸い、5秒かけて息を吐く。これをしばらく続ける。

 紹介されているトレーニングの1つだが、何度かやったら、確かに腰が楽になった。何故か、はこの本に詳しい。ほかにも各種のトレーニングがある。腰痛持ちの方は必読である。

 夕食後、「アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ」。
 リュック・ベッソン監督の映画は快調である。格闘シーンでの身のこなしが素晴らしい。人間にこんなことまでできるのか、と唖然とする。政治の悪と、それに立ち向かう悪がぶつかりあう。TAXiの域には届かないが、見て損はない。

 間もなく11時。これから布団に入り、本を読んで寝る。
 寝酒がなくても眠れる。新たな発見だ。

 長女の子宮摘出が決まったとの知らせを受けた。医者の話では、癒着した胎盤を子宮から剥がすのが大量出血につながりやすく、最も危険とのこと。子宮摘出にはそこまでの危険性はない。
 いずれにしても、医者の判断に従うしかない。

 数人の知人に、

 「お嬢さん、大変ですね」

 「奥さん、大丈夫?」

 と声をかけられた。気遣ってくれる人がいる。ありがたいことである。
 気遣わぬ人もいるのだろうが……。

 今週末、我が妻女は横浜に行かないといいだした。

 「お母さん、疲れるからいいよ」

 と次女が言ったのだという。
 ま、確かに妻女の体調は万全ではない。行かぬのも1つの判断である。

 俺だけでも行くか?
 現在思案中である。 

 

前の日誌                        

無断               メール