●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2010年9月21日 いやはや

 検察という組織はどうなっているんだろう?
 無罪が確定した郵便不正事件で、取り調べに当たった検事が、あろうことか、押収した証拠を改ざんしていたのだという。

 この実行犯、検事という職に付与された、国民の自由を制限する権限を何だと思っているのだろう? 検事の権限は悪事を犯した人間を捕らえるためのもので、誰でもいいからふん縛ればいいというものではない。たかが司法試験に通ったぐらいで、気にくわないヤツはどんどん監獄に放り込んでいいフリーハンドを手にしたとでも思ったか。それとも、検察組織の中での上昇志向が強すぎたか。

 いずれにしても、こんな男に検察権限を持たせておくのは、差別用語となった言葉をあえて使えば、キチガイに刃物を持たせるようなものである。こんなヤツがいたのでは、立ち小便だってできやしない。いや、立ち小便は立派な軽犯罪法違反だからこんなヤツがいなくても罪に問われる。ということはあれか。こんなヤツがいたのでは、トイレで小便もできはしないということか。
 
 とにかく、検察の信頼は地に落ちた。

 となると、やっぱり気になるのが小沢事件である。私は何度も、明確な証拠もないのに事件にした検察、その尻馬に乗って騒ぎまくるマスメディア、そのマスメディアに踊らされてできあがった世論を批判してきた。
 なのに、多分、「らかす」の読者が少ないからであろう。民心はどんどん小沢さんを離れ、とうとう民主党代表選挙で落選とあいなった。とっちゃん坊やの菅直人政権が続く。

 そして、今日の証拠改ざん報道である。この検事、小沢事件の取り調べにもあたったという。ということは、小沢事件の証拠が改ざんされていてもおかしくない。検事の強い圧力のものとで、供述調書がでっち上げられていても驚かない。

 さて、もし調べがどこまで進んだ場合、これまで半小沢キャンペーンを垂れ流してきたメディアはどう対応するのか?
 世論なんて、一夜で激変するものだからどうでもいいけどね。


 さて、昨日、日誌を書き終えた夕方、横浜に電話をした。瑛汰のその後が知りたかったからだ。
 瑛汰が電話に出た。

 「いまね、瑛汰、忙しいの。上田さんが来てて、瑛汰、お仕事してるの。ね、忙しいから、あとで電話をしてください。ボス、分かった?」

 上田さんとは、私の寝室になる部屋の改装を依頼している工務店の担当者である。瑛汰とは大の仲良しで、瑛汰は上田さんが来ると一緒に大工仕事をする。

 「はあ、分かったよ」

 食事を終え、ご命令に従って電話をした。

 「あのねえ、瑛汰はボスのことが一番好きなんだよ」

 ん? パパより好きなの?

 「そう、はから(瑛汰の発音。普通なら、だから)ボスが帰るとき、瑛汰、泣いたじゃん。ね、瑛汰、泣いたでしょ?」

 ふむ。ここまでフォローできる。4歳児の知恵を侮ってはならない。


 今日は、朝から前橋日赤へ出かけた。毎月1回の定期検診である。
 血液検査、尿検査の結果は、妻の病状に悪化は見られないとのこと。彼女が盛んに気にしていた尿タンパクも、プラスマイナスゼロ。つまり正常である。

 「具合が悪かったので、3ぐらいまでいってるかと思ってたけど、ホッとした」

 と彼女はにこやかである。だとすると、体調の悪化は、単なる疲れか。

 とはいえ、検査数値とは別に、体調不良は継続しており、今日も午後9時半には寝室に引っ込んだ。起きてくるのは多分、明日の7時過ぎである。

 ま、病が悪化していないことがはっきりした以上、出産後の長女の世話は彼女の仕事となった。出産を終えて、長女が四日市に戻れば四日市へ、医者の勧めに従って横浜でしばらく静養するのであれば横浜へ妻は行く。
 場合によれば、長女と啓樹、それに新生児を桐生で迎えることも考慮せねばならぬ。恐らく、妻にとってはそれが一番楽である。

 いずれにしても、我がファミリーの総力戦は、まだしばらく継続する。

 

前の日誌                        

無断               メール