●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

  2010年7月4日 可愛がる

 瑛汰と似ている、と報告を受けた次女の新生児を、昨日、初めて見てきた。
 幸いなことに、いわれたほど瑛汰には似ていない。ということは、瑛汰は私に似ているといわれるから、私にもそれほど似ていない。
 よかった。お前、美人になるか?
 
 やはり女の子である。生まれたばかりの時の瑛汰に比べて、どこか優しげな顔をしている。女が優しいとは神話であると何度も思い知らされながら、このような表現しか持たないことを恥じつつ、ほかの表現を思いつかないのは語彙不足のなせるワザか。

 新生児は今日午後、横浜の自宅に戻った。名前はまだない。次女、旦那、瑛汰で盛り上がっている名前は「ねね」である。どんな字をあてるのかは知らない。

 おいおい、ねねとは秀吉の正室の名だぞ。彼女は子を産むことができず(子をなす能力がなかったのが秀吉なのか、ねねなのかは定かではないが)、秀吉は子供ほしさも手伝って女に狂うことになる。行き着いた先が、茶々=淀君であることはほとんどの方がご存じであろう。
 良いのかな? そのような名で。
 まあ、私が関与することではないが。

 瑛汰は、妹に夢中である。
 自宅に戻り、ベッドに寝かされた妹のそばを離れない。頭に触る、。手に触る。

 「ベビーちゃんに痛くないおもちゃを持ってくる!」

 と駆けていった。駆け戻った瑛汰の手に握られていたのは、柔らかい布でくるまれたガラガラだった。それを握って、新生児の顔の前で必死に振る。

 「顔の近くで振っちゃダメだよ。ベビーちゃんの顔に当たっちゃうよ」

 言いつけを守りながら、さらに振る。

 「ママ、ベビーちゃん、泣いてるよ!」

 瑛汰はベビーちゃんに夢中である。

 前日、ママの病室を尋ねたあと、誕生日のプレゼントを買いにラゾーナに向かう車の中で、

 「ママのところがいい。ママのところに戻る!」

 と何度も泣いた(もっとも、ラゾーナでビックカメラのおもちゃ売り場に行ったら泣き止み、買い物を済ませたらまた泣き出したのでアイスクリームを買ったらニコニコ笑い、書店では5冊も本を買ったご満悦だったのだが)のに。

 その涙を見たときは、一番好きなママが入院してあまり家にないパパと、いつも家にいるババとの暮らしに、3歳ながら必死に耐えているんだなあ、と可哀想になった。

 瑛汰、良かったな。ママは帰ってきたし、ベビーちゃんもやってきた。楽しいな!

 もっとも、瑛汰のベビーちゃんへの関心は、ペットへの関心とどう違うのだろうと考えたりもするのだが。

 私は、娘を産院まで迎えに行き(with 旦那&瑛汰)、20分ほど新生児の顔を見て桐生に引き上げてきた。
 ひとり暮らし、再開である。


 さて、金曜日の鮎。
 鮎だった
 それだけである。

 「めいしゅう」さんは、我が思惑通り財布まで取り出した私の意向を無視して、自分で全額払ってしまった。

 「いつもごちそうになっていたら、もう誘えなくなるじゃないの」

 という私のクレームにも素知らぬ顔だった。声が小さすぎたのか?

 さあ、明日からまた仕事だ。

 

前の日誌                        

無断               メール