●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2010年3月29日 成長

 横浜の瑛汰から電話が来た。私はギターの練習中である。

 「ボス、ギターしてたでしょ」

 「うん、いっぱい練習しないと上手にならないだろ? だから練習してるの」

 「ダメでしょ。ギターの練習しちゃダメ!」

 「どうして? どうして練習しちゃダメなの」

 「だって、いつもいつもいつも、ギターの練習でしょ。ダメですよ」

 「そうかあ? ボスは仕事もしてるし、散歩もしてるし、本も読んでるぞ。瑛汰は何してるの?」

 「公文中です」

 「公文やってるのか。瑛汰だって、公文いっぱいやるでしょ。どうしてボスがギターやるのはいけないの?」

 「だって、いつもいつもいつもギターでしょ。ダメです

 「でも、毎日やらないと上手くならないんだ。いっぱいやってもいいでしょ」

 「だったら、一日1回だったらいいです」

 「うん、1日1回しかやってないよ」

 「でも、いっぱいやるからダメです」

 「瑛汰だって、公文いっぱいやるでしょ。どうしてボスのギターはいけないの?」

 「あっ、瑛汰もギターの練習してるよ」

 「そうか。公文いっぱいやってギターもやるんだ。じゃあ、いまからギターの練習か」

 「いまからはDVDなの」

 「あれ、ギターはいつやるんだ?」

 「うーん、今日は忙しいから、ギターはなし。明日ですね。ボスも今日はギターはなしですよ。じゃあね」


 3歳児にしては頭がよく回転する、というのはボスのひいき目か?


 昨日は、珍しく四日市の啓樹から電話があった。5歳ともなると、ボスには興味を失うらしく、最近はあまり電話も来なかったのだが。

 「どうした、啓樹? 珍しく電話をしてきたというのは、何か欲しいものがあるのか?」

 「あのね、ベイブレードの新しいのが出たの」

 「それがほしいのか?」

 「そうじゃなくて。僕しゃ、幼稚園で鉄棒やってんの。もう少しで逆上がり、できるんだよ」

 「そうかあ。すごいな、啓樹は。逆上がりができそうなのか。じゃあ、ボスのところに来て練習するか?」

 「鉄棒がなくちゃ練習できないよ」

 「鉄棒なんて桐生にもあるよ。来るか? 1人でお泊まりできるのなら、迎えに行くぞ」

 「あのしゃ、僕しゃ、いま、1人でねんねする練習してるの」

 「おっ、偉いな。啓樹のところ、もうすぐベビーちゃんが来るんだもんな。ベビーちゃんが来たら、1人で寝なくちゃな」

 「だから、1人でおねんねできるようになったら、お泊まりにいけるから」

 「1人でおねんねできなくても、ボスと寝ればいいだろう」

 「いまは、練習してるの」

 「そうか。でも、ベビーちゃんが来たら、啓樹、かわいがるんだよなあ」

 「うん、僕、かわいがるよ」

 「おもちゃも貸してやんなくっちゃなあ」

 「うん、貸してやるよ」

 「アンパンマンドライブも貸してやる?」

 「うん、僕、アンパンマンドライブにはあんまり興味がなくなったからしゃ、貸してやる」

 「だったら、何でも貸してやるんだ。偉いな、啓樹」

 「でもしゃ、トミカは貸してやんない」

 「あれ、啓樹、けちだな。どうして貸してやんないの」

 「だってさ、ベビーちゃんはトミカ、なめちゃうんだよ。だから、貸してやんない」

 「でも、啓樹、啓樹がベビーちゃんの頃は、啓樹もなめてたぞ。瑛汰だってベビーちゃんの頃はなめてただろ? ベビーちゃんはなめるんだよ。貸してやんなきゃ」

 「でも、いやなの」

 「そんなこといってたら、ベビーちゃんと仲良しになれないぞ」

 「あのしゃ、ママがピアノ教えてるときは、啓樹がベビーちゃんと遊ぶの」

 「だったら、トミカも貸してやんなきゃ」

 「考えとくよ」

 5歳児は、いろいろとものを思うらしい。
 とりあえず2人は、今のところ健やかに育っている。

 そういえば啓樹には、しばらく会ってないなあ。5月の連休には姿を見せてくれるだろうか?

 「啓樹、ゴールデンウイークには来る?」

 「うん、来る

 「鰻食べに行くか?」


 「啓樹はね、鰻は食べられないの」

 まずい鰻しか食べさせてもらってないんじゃないの?

 とりあえず本日は、ほとんど会話で日誌を書いてみた。

 

前の日誌                 next
無断  メール