●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2008年4月28日 3日目

 いま、午後10時6分。つい先ほどまで本箱作りの作業をしていた。これはホットなレポートである。
 今日は休みを取った。ひとえに本箱を完成させるためである。昨日までは次女と瑛汰が朝から来ており、作業時間が限られた。今日は、朝からフルに時間を使えた。おかげで、本箱の骨組みだけはできた。棚受けの金具が足りず、組み上げるまでには至らなかったが、ニスも塗った。全体の進捗状況は6割というところだ。
 あとは、棚板を作るのみである。とはいえ、これも大変な作業だ。幅約9cmの1×4材を3枚タボでつないで27cmの板を作るのである。
 板に磨きをかける。切断する。タボ穴を開ける。数々の手間をかけて3枚の板を1枚の板に変える。そして、ニス塗装。気が遠くなりそうだ。明日1日では完成しそうにない。
 どこかでまた休みを取るか。1日も早く完成しないと、床に積み上げられて本の行き場がない。

 それはそれとして。
 いやあ、3日も続けて本箱なんぞを作っていると、傷が増える。左手の人差し指に血豆があり、中指には水ぶくれができている。昨日電動丸鋸でできた右膝の傷は赤くなっており、全身の筋肉は悲鳴を上げ始めている。
 今日は、肩と腰に湿布をした。ほんとは両腕にも湿布をしたいが、ここはちょいとやせ我慢をしている。何故かは、自分でも分からないが。
 ひょっとしたら、老いを認めたくないのかも知れない。

 さて、この時間から今日の朝日新聞社説である。

 【自民敗北―「再可決」への冷たい風】
 要は、早く衆議院を解散しなさい。民主党に政権を渡しなさい、という主張である。異論はない。暫定税率の継続に反対し、後期高齢者医療制度を問題だたとした民主党が、どんな政策運営をするか見たいからである。
 朝日新聞の社説を題材に原稿を書きながらいうのもあれだが、何事でも批判するのは楽である。批判することに比べれば、批判される題材を作り出すことの方が遙かに難しい。私に朝日新聞の社説を書けという依頼が来たら、きっぱり断る。その能力も筆力もないと説明する。本音は、そんなしんどい仕事はしたくない!
 だが、民主党は政権をうかがう。彼らが政権を取ったとき、どんなせいじをするのか。それが見たい。民主党に政権を取らせたいのはそのためである。
 それで何も変わらなかったら、まあ、世の中そんなもんか、と諦める。
 と書けばわかりやすいのに、社説ってのは、どうしてこう回りくどいのかね? いいたいことをすっぱりいう。そんな訓練をされたらいかがか。

 【脱線事故3年―JRに忘れさせない】
 事故の再発防止を願う思いは私にもある。だが、この書き方は違和感がある。談話の使い方である。
 社説は、あの事故で20歳の息子を亡くした父親が遺族アンケートに書き記した一文を引く。
 「『もう3年たったのだから』という言葉に傷つく。一生背負っていかなくてはならないうちの、まだ3年でしかない」
 そして書く。
 「時が悲しみをいやすわけではない」
 こういうのを、したり顔という。おいおい、時が悲しみを癒してくれなかったら、人間はどうして生きていけるのかね? 
 人間は生まれて死ぬまで、様々な悲しみに直面する。祖父母の死も、親の死もあるだろう。思いを寄せた異性にすげなくされることも悲しみだし、人によっては愛妻を、愛娘を亡くすことだってある。
 人間は、そんなものをすべて抱えて生きていくのか? もしそうなら、人は歳をとるに連れて悲しみに押しひしがれ、生きる望みを失ってしまう。
 Time cures everything.
 最愛の人との別れも、失恋の悲しみも、いずれは淡い思い出になる。だから人間は生きていける。
 この社説子、本当の悲しみとはどういうものか、人は本当の悲しみとどう付き合っていくのか、ってことが分かっていない。分かっていたら、あんな軽い言葉を書けるはずがない。
  ジャンボジェット機事故の遺族の談話を出したのも引っかかる。
 日本航空が事故の残存部品を展示する「安全啓発センター」を作ったことについて、9歳だった子供を亡くした母親が、
 「彼の命がここで生かされると思うと納得する」
 と語ったというのだが、この談話で自説を補強しようという根性が気にくわない。
 確かに、このお母さんはそういったのかも知れない。だけど、彼女は本当にそう思っているのか? そう思いこむことで自分を慰めようとしてるだけではないか? 
 私が彼女であったら、絶対に納得しない。「安全啓発センター」なんて、私とはなんの関係もない。事故が再発しても構わない。とにかく、死んだ子供を返せ! 
 事故再発防止を願うのは、そうすれば悲しみを忘れられるかも知れないと思うからである。だけど、そう願うから悲しみが薄らぐことはない。悲しみを癒すのは時間だけである。
 そんな人間心理に理解がないこの社説は、なにやら、事故3年ということで無理矢理ひねり出した作文としか思えない。


 何度か書いたが、オリンピックの聖火リレー。今日は北朝鮮で、なんの混乱もなく執り行われたそうだ。
 それぞれのメディアが、この事実をどんなニュアンスで伝えたのかは知らない。だが、私は思った。
 そうなんだ、混乱が起きた国が普通なんだ! 混乱がない国って、思想の自由も表現の自由もない国なんだ!
 オリンピックとは、壮大な政治であることを思い知った。

 

前の日誌                 next
無断  メール