●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2008年3月31日 春

 心が浮き立つ物や状況を春という。

 初春。「めでたさも中くらゐなりおらが春」の小林一茶も、「なんとなく 今年はいいこと あるごとし 元旦の朝 晴れて雲なし」と読んだ石川啄木も、何故か心は浮き立っていたはずである。

 青春。思い起こせば顔が赤らむ話が多いが、でも、未来は自分のためにあると素直に信じられた時代だった。心が浮き立たなかったはずがない。

 立春。長い冬が終わり、春。心が浮き立たないはずがない。

 春雨。「……じゃ、濡れていこう」と話しかける相手がそばにいる人、そばにいて話しかけられる人の心は浮き立っているに違いない。

 春画。これはもう、心を浮き立たせるために見るのである。

 売春。…………。

 ところが。
 私は今年の春は憂鬱だ。
 とうとう出たのである。扉を開いてやったわけではないのに。
 とうとう来たのである。招きもしないのに。
 ずっと他人事だと思っていたことが、我が身にも降りかかったのである。

 花粉症

 1週間ほど前だった。何故か鼻がむずむずする。クシャミが出る。鼻水が出る。そういえば頭も重い。おかしいな。春風邪かな? ん、これは「春」を使っているが心が浮き立たないな。
 いや、そんなことはどうでもいい。熱を測る。平熱である。喉が痛いこともない。
 とすると……。

 昔聞いたことがある。

 「えーっ、安堂さん、花粉症じゃないんですか? でも、花粉症って、花粉との接触がある閾値を超えると必ず発症するんですよ。安堂さんも必ず花粉症になります。いずれ僕と同じになりますから」

 デジキャス時代だった。ほとんど顔を覆わんばかりのばかでかいマスクをした若者(私と比較すれば)にいわれた。

 「バカ言え。君とは体のつくりが違うのだ。俺は花粉症フリーだよ」

 あれから5、6年か。とうとう私も閾値を超したか……。
 そういえば、去年の春も鼻がムズムズすることがあったなあ。あれが閾値を超えるか超えないかの境目であったか。

 先週末、外出時には薄いナイロン製のジャンパーを着るようにした。セーターなどウール製品が一番花粉を貯め込むと聞いたからである。ついでに、自宅でカーディガンを羽織るときも、このジャンパーを重ねた。暑くて汗をかいた……。
 でも、ほとんど効果はない。鼻がつまって寝苦しく、午前2時過ぎまで寝付けなかったのは土曜日のことである。
 あ〜あ。

 今朝会社の喫煙室で、

 「俺も花粉症を発症しちゃってさ」

 と大きな声を出した。直ちに反応が返ってきた。

 「私もね、酷い花粉症だったんだけど、ジムに通って体重を減らしたら症状が出なくなったんです。時折、目がチカチカしたりすることはあるけど、それだけで済んでいます。安堂さん、痩せなさい!

 そうか。メタボ対策として体重を減らしたいとは前々から思っている。ために、日々食する白米の量を減らしたり、晩酌のビールを1本にしてあとは焼酎を飲んだり、努力は続けている。それが、花粉症にもいいのか。ということは、花粉症とは過食時代の生活習慣病であるか。

 痩せよう!
 
 改めて強い決意を固めた。

 決意を固めただけで体重を減らせるノウハウ集って、どこかに落ちてないかなあ……。

 

前の日誌                 next
無断  メール