●日誌一覧

シネマらかす

グルメらかす

音らかす

旅らかす

スキーらかす

事件らかす

 2007年11月15日 健康診断

 今週は私が勤める会社の秋の健康診断ウイークである。遅ればせながら、本日診断してもらってきた。酒をたらふく飲んだ翌日は避ける。午前様になった翌日は避ける、というやむを得ざる選択をした結果、今日にずれ込んだ。

 さて、健康診断のたびに気になる項目が3つある。

 ・体重
 ・血圧
 ・中性脂肪

 である。ほかはすべて正常値なのに、この3つだけが正常域を離れるからだ。さて、今回はどうだろう?

 午後は2時からの受付だ。その直後に駆けつけた。まず、体重測定。

 83.8 kg。

 思わず、ガッツポーズを取りそうになった。減った! 久しぶりに減った!!
 84 kg を切ったのはほぼ2年ぶりのことだ。

 この夏以降、私はダイエットに取り組んできた。膨らみを増す一方の腹部に危機感を感じての行動だ。方針は2つ。

 しんどい思いをしない
 無理は絶対避ける


 である。

 とりあえず 、1kg 減を目指す。体重1kg は7000Kcalである。1ヶ月で達成しようとすると、1日233Kcal。 いまの日常生活の中で、毎日233Kcal消費する運動を余分にすればいい。
 だが、無理はいけない。それに、私には犬を連れて散歩する日常がある。朝、夕だとおおむね1時間。ネットで捜した換算表によると、200Kcal 相当の運動だ。なのに、犬との散歩を初めて以来、体重が減った覚えがない。運動は信用できない。

 食を減らすしかない。毎日233Kcal分、少なく食べる。茶碗1杯分のごはんを減らせばすむことだ。外食が多い暮らしだが、なーに、やってやれないことはないだろう。
 こうして、我がダイエットは始まった。

 朝食は減らせない。食べ終えれば職場に向かうのである。腹が減っては戦ができない。
 妻に頼んで、私が自宅にいる日の夕食メニューを減らしてもらった。手間が省けるとでも思ったのか、喜んで応じた。加えて、ごはんの量を減らした。晩酌付きの日は茶碗半分程度。晩酌なしの日は1杯半程度。こうすれば、自動的に体重が減るはずである。それまでは、酒を飲んでも茶碗1杯は食べていたし、酒抜きだと2杯は軽かった。

 朝目覚める。空腹を覚える。そのたびに、ああ、昨日は食事を減らしたんだ、と実感する。我が取り組みは順調に進んでいる。達成感が

 「今日もやるぞ!」

 との意欲につながる。

 「だけど、ちっとも腹回りは小さくならないなあ……」

 と疑問をもっつことも多い。だが、とにかく賽は投げられたのだ。進むしかない。そして、その結果が今日出た。83.8kg は、春の健康診断時に比べて1kg 少ない。

 3ヶ月もかけて1kg? なあーに、急ぐことはない。1年で4kg 減るペースではないか。来年の秋は、80kg を切り、夢の70kg 台に突入するのである。 ズボンがすべてブカブカになり、ウエストを絞る直しに出さなければならないのである。どうして焦る必要がある?

 次は血圧測定だった。1年ほど前、上が160を突破し、ギョッとした記憶がある。
 数回深呼吸を繰り返し、そっと右腕を出した。空気が吹き込まれるベルトが上腕部に巻かれ、肘の内側に聴診器があてられる。待つことしばし。

 「いいですね」

 測定をしていたおばちゃんがいった。彼女はそういいながら、書類に数値を書き込んだ。
 128―86
 血圧は、加齢とともに上昇するものらしい。だが、そんなこととは全く関係なく、この数値ならどの年代であっても全くの正常値である。血圧に心配はない。

 すっかり気分が軽くなった。もう1つの要注意項目である中性脂肪は、本日採血したばかりだから、しばらくしないと結果が出ない。これも劇的に下がっているはずである。と思いたい。
 とりあえず今日は、満点のできだ。気分がいい!

 おーい、誰か酒飲みに行かないか? 今日は祝い酒だ。たらふく飲もうよ!!

 

前の日誌                 next
無断  メール